<   2015年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2015年8月を総括

8月が終わる。

今月は 「うっちゃりの8月」

お盆で稼働日数が限られる中、何とか凌ぎ切った感があります。



7月から着手した新たなBtoBサービスの新規開拓を引き続き進めているところです。

詳細はこのblogでは書けません。



成長を続けるお客様にとって、新規開拓は実はさほど重要な経営課題ではありません。 

というのも、既に勝ちパターンを手にしているのでこれを横展開・深耕すればいいいので悩む必要がない。

それよりも、「人」の悩みが極めて深刻だ、ということをまざまざと見せつけられています。



難しい仕事を狙え。



新規開拓支援については全国で戦える強い気持ちが沸いてきているので引き続き横展開を行なっていきますが、

加えて人材についての課題解決を成果保証型の主力商品に育てたい。


9月の吹上経理通信は小規模事業者における「人材確保」について書いてみようと思います。



9月は引き続きゴリゴリいこうと考えています。
[PR]
by hukiagekeiri | 2015-08-31 19:50 | 仕事 | Comments(0)

理念がない起業家はいずれ淘汰されてしまうのだろうか

私がいつも読んでいる公認会計士先生のブログに興味深いエントリがありました。

→ 理念とビジョン 2015.8.25 


私は経営者ではなくしがない自営業者ですから、理念はそれほど必要ないかもしれません。

「けしからん!それでも必要だ!」 とお怒りになる先生や経営者の方もいらっしゃるとは思いますが。



経営理念については実は私も書こう書こうと思っていたことで、 というのも、

先日、お付き合いのある税理士事務所様が法人成りし、代表となった次世代の若手先生2名が

「創業・経営には理念がないとダメ」 と強調していらっしゃったからです。


先に書いたとおり、37歳になった今の私には理念もクソもなくて、そんな私にとって「理念が大事」という先日の2名の若手先生のお話はとても耳の痛いお話な訳です。


2015年、私は旧来の理念を捨て去りました。

そして、商売では粗利の率を高めることに注力しています。

いやはや、今のほうが商売が上手くいっているのが現実です。


それ以前、創業来掲げていた 「誠実」 「正確」 「厳格」 という理念の10年では、私は成功しませんでした。

理念って何なんだったんだろう?  掲げた理念が悪かったのか、ただただ私がバカだったのか?



まぁ、ちっぽけな自営業だからこれでいいのかもしれません。 (一部の先生からド叱られそうですが)



もちろん、理念の必要性は私も全くの同感でして、

上述の若手先生も、リンク先の記事も公認会計士先生も否定する考えは一切ないのですが、

理念のない私はどうすればいいのかなぁ?と思っているところです。

会計クラウドを諦めてから、私はお客様を勝たせることそれだけで生き残ってきました。

それだからでしょうか、今年は立て続けに「日高さんは変わってしまった」と、言われました。 大手監査法人の社員と、年商1億の会計事務所創業者にです。



そんなときにグッドタイミングでいつも読んでいるブログでビジョンと理念のお話が出てきました。

繰り返しになりますが、(自分のことは差し置いて) 理念は大事だと思います。 

ここ最近の数エントリはなかなか読み応えのあるよい記事が続いている会計士先生のブログ記事はこちらです。

是非ご一読ください。
[PR]
by hukiagekeiri | 2015-08-26 01:10 | 仕事 | Comments(0)

都内を避けてきた愚かさ

従来の主力サービスである会計事務所の新規開拓支援では、名古屋で圧勝し、大阪市中心部で生き延びてこれたので

「西日本の100万人都市における20名超規模税理士法人の創業者」 というターゲティングで

2015年6月より、岡山から鹿児島まで横展開を行いアプローチを行ないました。



次は関東以北に照準を当てています。

これまで都内を避けてきたのには理由があったのですが、詳細は割愛します。


仙台、札幌と北上する前に都内で戦える競争力を身につけれればと考えています。


大阪市の中心部でどうにかこうにか通用するならば、都内でやっていけるかもしれない。

そういう感覚です。

横浜では実際に通用しているので悲観はしていません。



あいちベンチャーハウスで同期だった起業家からは 「名古屋もメガシティだから地域を広げずに業種の横展開が妥当ですよ」

という指摘を頂きましたが、

大阪市と名古屋市を足してもなおそれより2.7倍も大きな都内の市場を無視するのは愚かなのではないか、

と考え始めました。 (※ウチが通用するのであれば、ですが)

そのためには、名古屋で圧勝している「吹上経理の十八番」で勝負する、というのが妥当だと思います。



名古屋では圧倒的なナンバーワンでなくてはいけないと思います。

ローカル名古屋での評価なんでクソみたいなもので何の価値もない。 それよりも、

大阪市で生き延びるためにもこれが最低限必要なことで、名古屋で一番取れないレベルなら廃業したほうがいい。



難しい仕事を狙え、そしてそれを成し遂げるところに進歩がある。
[PR]
by hukiagekeiri | 2015-08-14 16:27 | 仕事 | Comments(0)

採用媒体に期待しない

採用媒体から求める人材が得られるというのは幻想。 そう思ったほうがいい。


優秀で市場に通用する人材のほとんどは、現在の職場で信頼されており転職する機会をなかなか与えられません。

そもそも、ほとんどが採用媒体に出てこない、ということだ。


小規模事業者は、求める「戦える人材」と接触する機会が実に少ない。

数少ないチャンスといえば、同業者の集まりや、出入り業者や得意先とのお付き合いの中で「これは」という人材と出会うことになります。


上場するような急成長ベンチャーだって、創業者が自ら動くことで良い人材を引き抜いている実情があるわけで、

小規模事業者がそれをやらなくて済む、などといっても説得力に欠けるのではないだろうか。



新規開拓能力は高いのに、人材の枯渇が成長スピードを止めている。そういった事業者は非常に多い。

深刻な悩みだ。



この問題には、採用媒体に頼らず創業者が自ら動くことで解決するのが良いのではないかと考えています。
[PR]
by hukiagekeiri | 2015-08-09 16:11 | 仕事 | Comments(0)

2015年7月を総括

7月が終わりました。

終わってみると、「もどかしい7月」

稼働時間が伸び悩みました。


新たなBtoBサービスに着手をしています。詳細はここでは書けません。

2015年後半で訴求力の高いBtoBサービスは「人材」だ、というのは多くの方に共通する考えだと思います。


吹上経理はいよいよこの領域に乗り出しています。

軸足は会計事務所様とのお付き合いというところからブレていませんが、難しい仕事への挑戦は吹上経理の競争力を高めてくれています。

つくづく「結果がすべて」だと痛感しているところです。



8月はゴリゴリやろうと思っています。
[PR]
by hukiagekeiri | 2015-08-01 18:25 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧