<   2015年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2015年10月を総括

10月が終わる。 

今月は 「半歩前進の10月」

とある20名超規模税理士法人の代表先生との新たな商談が実現できました。

初めてのアプローチから2年半越しのご挨拶で感慨深い。

ここでちゃんと戦えるようにしたい。



ここ最近は、M&Aの商品としてのパンチ力をまざまざと痛感しています。

スカウトと組み合わせると全国・全業種を横断して戦えるんじゃないかと感じるほどです。

営業力に自信のあるプレイヤーは次第にM&A仲介やヘッドハントに向かっていく、という話を聞いたことがありますが、

その気持ちだけは分かる気がします。(気持ちだけです)

ただ、スカウトの領域はR社出身の凄腕営業マンが競合となるそうで相当厳しい勝負です。 私が彼らを見上げる姿はまさに月とスッポン。



現在は20名超規模税理士法人様との取引口座開設を目指して

岡山市、広島市、福岡市、横浜市、豊島区へとアプローチを進めています。

東海三県に加えてこれらの地域では新たな人材系のBtoBサービスも着手をしたいと考えています。



地域の横展開とは別で、名古屋圏では小企業M&Aでの業種の横展開を行なう考えです。

2015年、的を絞り込んだ局地戦が窮屈に感じてきました。

今月頂いた営業譲渡案件の「お客様の声」が私の心を奮い立たせてくれています。アドレナリン全開。

中小企業M&Aの領域は年収1000万超の上場企業のプレイヤー達が競合です。 彼らと伍して戦えるかどうか試してみたいです。



まずは年内をめどに名古屋圏で統計値を取り、

2016年の年初から地域の横展開を行なっていきたい考えです。

小企業M&Aは100万人都市にこだわらず、新幹線・地方空港からのアクセスの良好な30万人都市も照準を合わせてアプローチを行なう考えです。



2016年に向けて、M&Aの領域は運輸業に可能性を感じています。

損保の契約や、労務士による手続業務も巻き込んで大きな商流を生み出せるため、形にできると面白い。



苦しんで苦しんで苦しんで、更にもう一歩踏み込まなければ成果は得られません。

少なくともクズ人間の私の場合はそうだ。

11月もギラギラいこうと思います。



大きな仕事と取り組め、小さな仕事は己を小さくする。

自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。

取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的を完遂するまでは。

[PR]
by hukiagekeiri | 2015-10-31 02:15 | 仕事 | Comments(0)

20名規模の税理士法人のニーズを掴み取るとそれは50名超規模へ

3年前とは世界は随分と変わっていた。


7月にこのブログにも書きましたが、

会計事務所業界は、50名超規模が勝者のスタンダードになってきていると感じています。


6月からの鹿児島から仙台へ北上した新規開拓アプローチで改めて痛感したことがあります。

20名規模税理士法人の代表先生の目は50名超規模に向かっている。

これは確かだった。

現実を目にして、頬を引っ叩かれたような気分です。



吹上経理は、20名規模の税理士法人様とのお付き合いにおいても、

50名超規模を見据えたBtoBサービスを作っていかないと生き残れないと感じるようになりました。

その商品の1つは、(難しいけれども)

小企業のM&Aを主力サービスに育て上げることが、目指すべき方向だと考えています。

M&A仲介は、20名規模税理士法人様からうちがパートナーと見ていただけるサービスとなるし、

顧客事務所の規模を50名規模に押し上げる推進力と成り得ます。



2016年以降、20名超規模税理士法人が新規開拓営業チームを内製化して持つことは当たり前になるでしょう。

なると吹上経理は今のサービスラインでは生き残れない。 稼ぎ頭は陳腐化する。盛者必衰。

もう一段上に上がる必要がある。




吹上経理は95%の会計事務所様に知られる必要はありません。

その思いは確信となっています。

勝者を圧勝させるサービスを生み出さなくてはBtoBでは生きることさえ許されない。



難しい仕事を狙え。そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。

仕事は自ら創るべきで、与えられるべきではない。

結果がすべて。勝たなければ得るものは何も無い。
[PR]
by hukiagekeiri | 2015-10-18 01:25 | 仕事 | Comments(0)

小企業のM&Aと人材BtoBサービスをもって全国で戦う

小規模事業者の営業譲渡の仲介について

1年経過後のアンケートを採りました。


売り手からも買い手からも、共に吹上経理に対しての最高評価を頂きました。

アドレナリン全開。


特定の領域の小企業M&Aにおいては、吹上経理は名古屋で十分な競争力があると確信するに至っています。

局地戦では勝てる自信がついてきた。 名古屋では圧勝を狙うのが当たり前。

そろそろwebでもM&A仲介の概要を少しずつ開示していこうと思います。ホームページにサービスの記載が無いデメリットのほうが高くなってきた。

現在着手中の人材に関する新たなBtoBサービスも、競争力の高い税理士法人や社労士事務所から非常に期待が高い。



特定の領域におけるM&Aから、広い業種の小企業M&Aへと競争力を高めていく必要があるし、

小規模事業者から中小企業へと取り扱う事業規模を上げていく必要も感じます。

苦しいけれど目指さなくちゃダメだ。



道筋は明確です。

1つ1つの仕事での 「最高評価」 を積み重ねた先に、掲げる目標が現実のものになる。

思考は現実化する。




地域の横展開としては、

岡山市、都内豊島区、川崎市、仙台市へとアプローチを進めています。

1年掛かろうが2年掛かろうが、これらの地域の20名超規模税理士法人の創業者と取引口座を開き、

M&Aと人材系BtoBサービスを展開させたいと思います。


第二創業から、いつだってイメージしたサービスはすべて形にしてきたので、きっとこれも可能だ。



取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的を完遂するまでは。

結果がすべて。勝たなければ得るものは何もない。

[PR]
by hukiagekeiri | 2015-10-08 00:04 | 仕事 | Comments(0)

webアプリによる集客 つらつら

中小企業向けのBtoBに限定したお話ですが。


吹上経理では、5年ほど前はフリーのアプリとデータ販売の両輪によって効率的な集客とある程度の収益が確保できました。

いったん仕掛けを組み上げれば自動でクルクル回っていくので非常に助かります。

2015年の今、世間ではweb上で完結する仕掛けが主流となっていて、またスマートフォンへの対応が必須になっていると感じます。



「かんたん事業計画書作成web版」の構想を2年半前に着想していましたが、

かんたんSWOT分析を拡張してこれに再度チャレンジをしようかと考えています。


アジアを中心とした他言語への対応は商機を広げるとも考えています。

加えて、私のオリジナルの知価をアプリ化して「自社の強みを伸長するヒントを提供するアプリ」 を作成しようかと考えています。

これはSWOT分析を深耕する取り組みです。


市場で戦う起業家をはじめとするプレイヤーは、web検索をするときには往々にして「答え」を求めています。

情報や知識をを求めているわけではない。  

なので、いくらwebでうんちくを垂れたとしても、検索にはひっかかるが収益やInterestには繋がらない。



Attention として汎用的なコンテンツの位置づけである 「吹上経理通信」 が機能していることを実感していて

これをいかに広げるかを思案しているところです。

汎用的なコンテンツ配信によるAttentionは以前も書きましたが電通ワンダーマン様のコラムが非常によいお手本となりました。


課金できるアプリを他言語版の作成による横展開、隣接領域への横展開、そしてアプリ自身の深耕によって増やしていく青写真です。


例えば、小規模企業のM&Aの売り手における5年後までの

「課題の発生とそれに対する対策のシュミレーション」

をアプリにして公開すると面白いと思います。

M&Aの現場において、譲渡対価の算定など重要ではありません。

その後何が起きて、どういう対策が求められるかということを、対面の問い合わせをすることなく

webアプリである程度シュミレーションしてくれるというのは集客手段として面白い。

もちろんアプリごときでは限定的な提案しかできませし、対面した人と人との話し合いの中でしか多くの課題は解決できません。

ただ、吹上経理に蓄積された経験や統計値などの知価を掛け算できるということには価値があると思います。

Attention と Interest の面でかなり貢献してくれるのではないか。


繰り返しになりますが、いつも書いている通り私自身がリアルの現場での局地戦に注力することは変わりありません。
[PR]
by hukiagekeiri | 2015-10-03 16:01 | 仕事 | Comments(0)

2015年9月の総括

9月が終わった。

今月は「走り込んだ9月」


1ヶ月、かなり業務に埋没した感があります。

既存のお客様へのロイヤリティの提供を行なったのですが

その中でも販促物の制作・デザインが好評を頂いています。


新たなBtoBサービスは引き続きチャレンジを行なっているところで、

西日本、そして都内の20名超規模の税理士法人様へのアプローチも続けています。


10月は結果を出す月としたい。

ギラギラいこうと思います。




[PR]
by hukiagekeiri | 2015-10-01 01:19 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧