<   2016年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2016年7月を総括

7月が終わる。

今月は 「夏バテの7月」


私が体調を崩したこともあり、アクセル全開とはいえない月でした。

通常業務においても自社の新規開拓についても、どうもスッキリしないまま終わってしまいました。



個人的には体型維持のために炭酸水を始めてカロリーの摂取に気をつけていましたが、

基礎体力の低下を痛感することになりましたので、

8月下旬までの行程表で基礎体力・心肺機能の向上に取り組んでいこうと考えています。
[PR]
by hukiagekeiri | 2016-07-31 22:22 | 仕事 | Comments(0)

グローバル経済圏とローカル経済圏

昨日、2016年7月26日のテレビ東京ワールドビジネスサテライトで、

元ボストン・コンサルティング・グループの冨山和彦氏がおっしゃっていたことが印象的でした。

・世界の政治の対立軸が、右左ではなくて、グローバル経済圏とローカル経済圏との間のものに移ってきている

との趣旨でした。


グローバル経済圏に所属する人は往々にして高所得、ローカル経済圏にいる人々は低所得、という傾向があるとのご指摘でした。


私は小企業M&Aにチャレンジしている理由は、より難しい仕事、より高い粗利を求めて、という側面が強いのですが、

これも追々ジリ貧になるのではないかとの危機感を感じました。


私が市場として選んでいる一般的な会計事務所業界は、ローカル経済圏に位置しています。

ローカル経済圏ならではの低賃金というのは会計事務所業界にも当てはまります。

私が100万人都市の20名超規模税理士法人に照準を当てているのはこれからの回避という側面もあります。



都内や200万人都市においては、資産税専門や公認会計士系の税理士法人が急成長していますが、

これも冒頭のグローバルとローカルとの対比に照らし合わせることができるのではないでしょうか。

上場企業とのお付き合いが多い都市部の公認会計士は、地方の個人税理士に比べ、グローバル経済圏でのお仕事が取りやすくなります。

こんな単純な理由で、事務所の利益率や仕事の質が変わっているのかもしれない。そう思いました。

所在する市場(経済圏)によって、税理士法人の成長度合いも影響されているのではないか。



地方ではなく200万人都市で戦う、ローカル経済圏ではなくグローバル経済圏で戦う。

自身が昇りのエスカレーターを踏み外していたことに気がつきました。
 
 
  
 
[PR]
by hukiagekeiri | 2016-07-27 19:25 | 仕事 | Comments(0)

東京で手紙の価値を痛感しました。 

巻紙の徹底は最低限やるべきことだな。


そういう思いを強くしています。

業界のトップを走る多くの方が手書きの手紙をしたためていることを知りました。


手紙で仕事は良くならないし、売上は上がりません。

でも、私のような底辺の人間は最低限これをやらないと、トッププレイヤー達のコミュニティに入ることさえ許されない。

そういう感覚です。


今期からマンチェスターユナイテッドの監督に就任したジョゼ・モウリーニョも、

監督就任にあたりユナイテッドに自筆の手紙をしたためたといいます。



都内で大躍進する税理士法人グループの幹部と(うっかり)ご挨拶をすることができました。

1段上、いや2段上、いやいや3段格上の人です。

今の私では全く歯が立たない相手です。

このレベルで確かな価値を産み出すには、「商流」を持ってるかが問われていると思います。それがなければ退場するしかない。

中長期的にはクロスボーダー小企業M&Aを仕留める営業力と実績を身につける必要を感じます。





都内で小企業M&Aプレイヤーとして通用するレベルまで、自身を高めていかなくてはいけない。

苦しいけれどここを突き破らないと淘汰される、と思いました。


20名超規模税理士法人の創業者のマインドセット、というのがかすかながら見えてきた気がします。

e0066235_1231283.jpg

[PR]
by hukiagekeiri | 2016-07-22 02:07 | 仕事 | Comments(0)

税理士法人向け小企業M&Aレポートを作成中

長らく自身の宿題としていた、小企業向けM&Aレポート、ではなく、

20名超規模税理士法人の代表者向けの、M&A仲介のレポートを作っているところです。


この週末に仕上げるつもりでやり切らないと8月までズレ込んでしまいそうだ。あと19時間。


日本国内の100名ほどの業界トッププレイヤーに信書でお送りした上で、

次はM&Aを検討中の小企業オーナー向けに、M&A課題解決レポートをお作りしようと思います。


レポートには吹上経理の手元にしかない実績値を織り込むので、競合他社は私のやっていることをそうそう真似できないし、

この100人に巻紙を送りつけてる人なんて証券会社の営業マンくらいだろう。


ただ、これは最低やるべきライン。

この程度はやらなくては会計事務所業界のトッププレイヤー100名のところには出入りできないんだろう。

まだまだ私の知らないような上の領域でやっているツワモノがいそうだしな。 

つくづく、気付かないのっては愚かだし哀れだって思う。



吹上経理は、100万人超都市にある20名超規模税理士法人の創業者、この約100人の方々に愛されなければ、

淘汰されるだけ。

苦しいけれど、やり抜かなければ明日は無い。
  
  
  
[PR]
by hukiagekeiri | 2016-07-10 04:31 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧