<   2017年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2017年6月を総括

6月が終わりました。

今月は「生産性の限界を知る6月」でした。


東京でも、大阪でも、名古屋でも、新規開拓支援における成果が確かにあげられた1ヶ月でした。

その中で、

私用での関西への所用があったため、私自身の生産性はいっぱいイッパイとなり

限界が見えた気がします。


5月も稼動が目一杯でしたが、6月は更に生産性が厳しかった。

東京での取引口座がもう1件増えたときには、増員をせざるを得ないように思います。


うちの新規開拓支援はターゲットリストの質が高く、

競争力の源泉であるこの部分の妥協をしないがゆえに

ターゲットリストの抽出業務が生産性のボトルネックとなっています。


5月に引き続き、6月も自社の新規開拓へと時間と十分なリソースを割けない状況になってしまった。

ただ、既存顧客へ投入しているリソースや時間は減らしたくないので、

もう少し引っ張ってしのごうと思います。


限られたリソースをいかに活かすかに腐心した6月でした。

テレマーケティングにおけるデータベース管理を更に改善をしたため、更に効率化ができたし

高度なオペレーションが可能になりました。

1名につきモニタを3画面活用してオペレーションに携わっている状況ですが、

7月は更に高度なものに昇華していこうと思います。


個人的には、24時間ログを記録する習慣を始めて1週間ほど経ちます。

新規開拓における巻紙の習慣と合わせて、私のライフワークとなると思います。

7月にどのように私自身のアウトプットが改善するか、今から楽しみです。
  
  
  

[PR]
by hukiagekeiri | 2017-06-30 23:59 | 仕事 | Comments(0)
先日のエントリで書いたように、自身の24時間すべてのログを取る習慣を始めました。

睡眠時間や稼動していない時間も含めた、24時間すべての履歴を取るというものです。


これを始めた感想を書こうと思います。


ログ取りを開始してから48時間経ちますが、現時点で既に

自身の時間の使い方における膿がバンバン出てきました。

改善すべき点ばかりです。



ログ取りの感想を以下に少しご紹介しようと思います。


仕事中もプライベートにおいても、それぞれの行動を終えたときに、

「次の行動を起こさなくてはいけない」という強迫観念が起きています。

また、「履歴を取らなくてはいけない」といことが少々負担に感じます。

この2点はあまり精神衛生上よろしくないのですが、

私は稼働時間中においては12年半これを続けているため

これまでの取り組みをプライベートに広げるだけでよいので、

負担があるといっても、継続できる範囲のプレッシャーです。



意外なこともログから見えてきました。

私の人格の特性として、周りの方からは

「周囲を(比較的)よく見ている」「(比較的)気遣いがある」

との評をいただくことが多いのですが、

そのために使っている時間や思索があるがゆえに、

自身の目配りや気配りが周囲に評価して頂けるところにつながっている。

ということが分かりました。

私自身のパーソナリティには、生活習慣の内にちゃんと根拠とその源泉があるようです。



今週のうちに自身の生活スタイルを変更していこうと思います。


計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
 
 

[PR]
by hukiagekeiri | 2017-06-27 21:23 | 仕事 | Comments(0)
私は24歳くらいのころから、自身の業務履歴をすべてエクセルに記録しています。

創業してからは分刻みに稼働時間の履歴を取っていて、

12年半分データを取り続けたことになります。


20代の頃は稼働時間を伸ばすことばかりに執着していましたが、

30代になった頃からこの考えを改めて、時間当たりの粗利に意識が向くようになりました。


40歳を目前に控えて、ここのところ、8ヶ月ほどは睡眠時間の記録をとっています。

自身が体力・メンタルともに翌日のパフォーマンスを落とさない睡眠時間が分かってきました。


ただ、この15年で圧倒的なアウトプット能力の変化は起こせなかった。


なぜだろう?


この週末にいろいろと思案をしたところ、

「非稼働時間にメスを入れる」ということが重要だと考えるようになりました。

いいパフォーマンスを維持するためには、稼働時間を伸ばすだけでなく、

睡眠時間だけを摂ればいいわけではなく、

稼動していない「非稼働時間」をどう過ごしているかが仕事の成否を分けているように思えてきました。


自身の24時間について、睡眠時間や日常生活も含めてすべてログ化し、

これまで改善してこなかったところにメスを入れていこうと思います。


計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
  
  


[PR]
by hukiagekeiri | 2017-06-25 21:29 | 仕事 | Comments(0)
うちで作ってあるwebアプリの英語版が、チラホラと機能し始めました。

(どのアプリなのかはここでは書けませんが、)


30歳になったころから5年ほど、会計系のクラウドサービスにチャレンジをしていたのですが、

その頃から、「英語圏で戦う」ということは青写真として持っていました。

会計系のアプリは英語圏においてかすりもしなかったので頓挫しました。


5年前に、こんなことを書いていました。 


今回機能し始めたwebアプリは、日本語でもある程度稼動しているところだったので、

英語圏に到達したことはとても嬉しいです。

2年ほど前に仕込んだことが、ようやく形になってきた。

ひとたび稼動し始めると、webサービスはPDCAサイクルを開始するので、サービスが自走して付加価値を高めていきます。



プログラムを走らせて収益を得る。

知価産業へ移行する。

確実に一歩一歩前に進んでいるようで、勇気が沸きました。







[PR]
by hukiagekeiri | 2017-06-22 11:46 | 仕事 | Comments(0)

東京出張と京都・大阪

この週末は東京出張からそのまま京都・大阪へと私用での長距離移動でした。

新幹線の中での時間をどのように使うか、というデザインが重要だな、と痛感しています。

のんびりしているとすぐに時間が経ってしまうので、新幹線車中でのタスクを事前に決めて粛々と進める必要を感じます。

車中にてきっちり睡眠を摂るか、あるいはデスクワークを入れ込むか。この2つを明確にしたほうがいい。


さて、この週末3日間は時間に追われてしまった感があり、メンタルの疲れが平日にボディーブローのように

効いてくる予感があります。

時間や仕事は追われるのではなく、追い続ける習慣にしたほうがいい。
  

e0066235_20382464.jpg
  
    
   

[PR]
by hukiagekeiri | 2017-06-11 18:59 | 仕事 | Comments(0)
吹上経理におけるBtoBテレマーケティングにおいては、

トークスクリプト(営業トークの台本)にコードを付して、会話の進捗状況や顧客の情報などをコードから導き出せるようにしています。

また、アプローチの結果に応じて、次のアプローチ方法や次回の接触時期を自動で提示するようにしています。


いま、例えば月曜日の午前11時にどのターゲットへどのトークスクリプトでアプローチをしたらいいのか。

それはファイルを開けば自動で掲出されますから、営業スタッフはPCの指示そのままにアプローチをすればいいだけになっています。


ムダを削ぎ落とし、最も成果の上がるアプローチを続けることができています。

また、トークスクリプトは随時ブラッシュアップを続けています。

時間、ターゲット、訴求ポイント、これらを改善し続けている限り、業界内での営業力の優位性は揺らぎません。

そのPDCAのスピードを下げないことが吹上経理に求められていることだと思います。


泥臭い新規開拓において業界のトッププレイヤーになること、そしてその地位を維持し続けること。

テレマにとどまらず、飛び込み営業も絡ませた突破力の高い新規開拓オペレーションを実現したいと考えています。
  
  
  


[PR]
by hukiagekeiri | 2017-06-04 22:14 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri