<   2017年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2017年7月を総括

7月が終わります。

今月は「ジレンマの7月」

今月は私用でずいぶんな時間を取られてしまって、

また粗利を産まない雑務がかさばってしまったこともあり、

納得のいかない稼動実績となりました。



ただ、自身の時間管理について「24時間ログ取り」を始めて、

限られた時間の中から付加価値のある時間を捻出することができました。

特に、自身へのインプットの時間を1ヶ月で新たに10時間近く作り出せたこと

は大きいです。


8月も細切れの時間を粗利にすべく、行動を変えていこうと思います。

また、睡眠時間を稼ぐ取り組みを続けます。

また、マインドフルネス、座禅(のようなもの)を7月から日常生活に組み込み始めました。

この効果が8月中には可視化できるのではないかと思います。
  
  
  


[PR]
by hukiagekeiri | 2017-07-31 22:30 | 仕事 | Comments(0)

24時間ログ取りから1ヶ月を経て 感じたことをつらつら

1ヶ月前に、時間管理についての取り組みを改めました。

→ 稼働時間のみならず、非稼働時間含めた24時間すべてのログを取る 2017.06.25

自身が15年近く行なってきた業務履歴の記録を、

プライベートにまで広げてすべてログをとって集計する、という取り組みです。


スキ間の細かな時間の無駄を減らす、という改善を早速開始しています。

集計してみると、睡眠時間に匹敵するほどのメスを入れるべきボリュームゾーンでした。

ログ取り開始から1週間が経過したところで、

すでにこれが大きな問題であることが分かりました。


この細切れの時間に、今年の1月に記事にも書いた、本にざっと目を通す

ということを入れ込んでみたところ、1ヶ月の合計で、週末1日の起床時間分に相当する時間を

「本に目を通す」時間として捻出することができました。


これに加えて、今はマインドフルネスを日常生活に取り入れようとしている最中です。

細切れの時間の残りを、脳の休息と生産性向上に充てようと思います。


今回のログ取りのおかげで、自分の脳機能(意識の向かう先)の傾向が自覚できました。

良い部分も悪い部分もあるんだな、と分かりました。脳のクセはたぶん直せないので、

まずは手っ取り早く、24時間のうちの無意識の時間をもっと有効に活用していこうと思います。

そして、睡眠や脳の休息の時間を増やす。

睡眠や休息は削るのではなく、稼ぐ。そういう生活スタイルに変えていこうと思います。



頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはその様なものだ。
  
  
  

[PR]
by hukiagekeiri | 2017-07-26 03:43 | 仕事 | Comments(0)

24時間ログ取りから3週間が経ちました

自身のログを24時間取る。

ということを3週間前に開始しました。

稼動している時間のみならず、

非稼動の時間、睡眠や食事の時間に至るまで1日1440分すべてを記録する、

そういう取り組みを始めたわけです。


3週間で、かなりの量のログが取れました。

自分がどのような時間の使い方をしているか、

すなわち意識をどこに向けているかの傾向が分かってきました。

私の仕事柄、細切れの非稼働時間が多いので、

その細切れになった数分のスキ間を有効に使うことを試しています。

空いた数分に、稼働時間やインプット時間、あるいは仮眠を注ぎ込んでいくことにしました。


自身の時間を、寝るか仕事するか、そのどちらにする。あるいは仕事のためのインプットの時間にする。


そのためには、睡眠(休息)を細切れで入れ込めばいい。

加えて、今年の1月総括ブログに書いた、本を無意識に目を通すということ、

これを隙間時間に入れ込むようにしています。


お会いした人への巻紙の習慣と、24時間ログ取り、

この2つはきっと私の仕事人生のルーティンになると思います。
 
 
計画を持て。長期の計画を持っていれば、 忍耐と工夫と正しい努力と希望が生まれる。 
 
 

[PR]
by hukiagekeiri | 2017-07-16 14:33 | 仕事 | Comments(0)

東京出張でした 出張中の稼働時間をいかに伸ばすか

e0066235_00001407.jpg

先週末は東京出張でした。

常々、出張中にいかに稼働時間を増やすか、ということを大事にしています。

例えば新幹線の車中で、景色を見てボーっとしている時間がもったいない。


移動している時間にちゃんと座れること。

ここに注力すると、仕事の時間を増やしたり、

目を瞑って休息や仮眠の時間を確保できることになる。


さて、今は東京に気持ちが集中してしまっていますが、

日本国内の100万人都市へそれぞれアプローチする青写真は変わりません。

1歩1歩確実に前進していきたいと考えています。 
 
 
 

[PR]
by hukiagekeiri | 2017-07-10 00:03 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧