人気ブログランキング |

押しの強さとスピード感

日曜日だし、今日はつらつら。


経理代行事業、またこの2年半のソフトウェアの新規開拓において、

私は1つ、致命的なミスを犯し続け、そしてそれに気づかないでいた。


「予算を持たないところを相手にしていた」



関西や横浜への新規開拓で 「交渉をドライに行う押しの強さ」 を学んだ。

33歳になってやっと学んだ。

名古屋の鼻を突き合わせたようなウェットな市場で、更にウェットなタイプの私には

10年間 「押しの強さ」 が足りなかった。


関西や関東では、地域が離れているから、 その場の交渉が終われば一生会うこともない。

そんな状況を目の当たりにして、私は新規開拓に必要なことを1つ身につけた。


関西や関東が地域的に 「ドライで話が早い」 というよりも、

私自身がドライに話が早くなったのかもしれない。



名古屋という市場の特性だと思うんだけど、

受注をロストしても次につなげることが重要だし、Pushして逆に次の機会を

失うことは限られた市場規模を鑑みても大きな損失だ。

見込み顧客を失わないことが重要な要素になる。

現在も私は名古屋ではそういう新規開拓をしている。

2年半たって、それが成果になってきているのも確かだ。



冒頭の話に戻るんだけど、 私が押しが弱かったのは

「予算を持たないところを相手にしていた」 からなんだ。

そこへpushしても得る成果はないし、判断・決済のスピードも遅いだろう。



ただ、関東と関西の法人格相手にそれでは通用しないんだろう。

少なくとも、これから関東・関西で戦うために、私自身がスピード感を上げていく必要を感じる。


私は決定的に遅かったんだ。


とは言え、2年半続けてきた、名古屋の税理士先生にコツコツしたためるお手紙は止めないつもり。
by hukiagekeiri | 2011-10-30 14:50 | 仕事 | Comments(0)