人気ブログランキング |

テレマーケティングを売ろうとし過ぎた

最近色々と思索をしていたけれど、

自分の致命的な愚かさに気付いた。


「テレマーケティングを売ろうとし過ぎた」

ということ。


会計事務所の新規開拓支援を行っているはずが、

どんどん視野が狭くなって 「テレマを売ること」 が目的になってた。


致命的なバカだ。


うちの 「プロダクト」 としてのテレマには、自信もついてきたし、

これから更に競争力を高めていくのはもちろんなんだけど、

それがかえって

Product Out の発想になってしまい、

これが自社サービスをどんどんニッチなものにしていってしまったんだろう。


経営資源を集中する、

という意味での局地戦の発想は重要なのだけれど、

その危うさ、みたいなものを改めて痛感した。 バカなのは他でもなく私。



致命的なバカだ。



先日の「顧客ロイヤリティ」 のお話に関連するけれど、お客様には

チラシのデザインや地域の競合調査をして差し上げたり、

セミナー開催を絡ませた新規開拓の対象設定などを企画提案すると、

大変喜ばれる。


『この人のために』 って思えて予算も割いてくださるお客様限定でご提案をして

差し上げるのだけれど、これはもちろんテレマにセットでお付けしている無償サービス。



やっぱり 既存顧客にとどまらず、

自社の新規開拓営業においても、コンサルティング【】 なアプローチって重要なのかな?




話は変わって。

昨日のエントリの 士業コンサル を調べていて、

やっぱり大手さんのコンサルタントが発信している情報が目に付くんだけど、


ネットで開示している情報に限って言えば

現場からすると当たり前のことばかり。

あれだと逆に 「この人はこの程度か」 って思われないかな?

フロントエンドとして成り立っていない気がする。



私は安易にコンサルとか言わないしやりたくないから、

新規開拓はテレマーケティングの提案で切り込んだほうがいいんだろうな。


‥‥




で、これが問題だったんだ。

テレマで勝負、って決めちゃうからテレマしか提案しなくなる。



この辺のさじ加減が難しいな。
by hukiagekeiri | 2012-04-19 01:12 | 仕事 | Comments(0)