自社メディア つらつら

メディアの運営について調べていたところ、以下のような秀逸な記事を見つけた。


コンテンツの戦略的再利用——デジタルメディアの死活問題?を考える 2012.02.09


著者が書いていることは、大きなトラフィックのあるメディアや訴求力のある

コンテンツを前提にしているのだろうけれど、

私のブログをお読みの方々にも相当に示唆に富む内容だと思う。

専門書に執筆されている方やネットコンテンツに注力しておられる方もおられるので。



引用した記事の構造自体も興味深い。

記事上でおっしゃっていることを、そのブログがそのまま体現している。



6ヶ月前に私が決意したblogのコンテンツ化って、やっぱり重要なことかもしれない。

このブログを私物化・日記化しちゃだめだ、やっぱり。

つらつら書いては消し、書いては消し、というのを週に一度はやっている。

結局アップしないけど。

ほぼすべて 「書くと損する」 って理由。



さて、話を戻して。

会計事務所様において、新規開拓および既存顧客との接点強化 にBlogを活用するとすれば、


1.専門誌に執筆する (例 税制改正特集)

2.1週間ほど前に関連する話題をBlogでプレビュー掲載

3.専門誌発売日に ②のプレビューの結論と共に執筆告知

4.上記のコンテンツを特設サイトへ移植。

5.イベントなどのタイミングで改めてメールなどでBlogへ誘導。 (税制改正のお知らせメールなど)

--注--

6.Blogエントリには関連するエントリへのリンクを本文に入れ込み、深耕しやすい構造にする。



そういうことを体系的にやっていかないといけない。

それは私も同じことで、毎月12日に更新している 「吹上経理通信」 のプレビューを怠っているし、既存顧客との接点として活用できていない。

また、せっかくのメディア掲載やプレスリリースも新規開拓営業で活用できていない。


私には

「情報は発信するものじゃない、吸い上げるものだ」

っていう持論があるのだけれど、発信の仕方が中途半端なのは愚かだった。


簡単に言うとバカだったってことだ。


自社メディアのお話が、逸れに逸れてBlogの書き方に落ち着いてしまった。
[PR]
by hukiagekeiri | 2012-05-05 02:16 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです。国内100万人超都市の20・30・40・50名規模税理士法人様を顧客ターゲティングとしています


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧