人気ブログランキング |

5月総括

5月が終わる。

今月は「新規案件の着手。5月」


大阪でも、名古屋でも、既存のお客様の新しい新規開拓の案件に着手した1ヶ月となった。

お打ち合わせの時間が多く、大変有意義な面談ばかりだった。




ブログには書けないけれど、ご厚情とお気遣いを各所で頂いた。

お客様である先生がたの「心意気」を本当に痛切に感じた1ヶ月だったし、なんて素晴らしいご縁を頂いてるんだろうって思えた。




その中でも、名古屋のとある税理士法人様とのご挨拶は大きな出来事。

お会いするのは随分先だと思っていたけれど、うっかり早めにご挨拶ができてしまった。

本当に跳び上がるくらい嬉しいご縁だったんだけど、今は少々落ち着いている。


   (自分より偉い人とのご縁については次回6月12日の吹上経理通信 で少し書こうと思います)


こういうご縁を、全国各地でつなげれる 「常識のレベル」 まで高めていけるかは私の実力次第。



これ以上書くとカドが立つので割愛。




最近は特にブログで書けないことだらけで、

例えば 「営業支援のお客様が新規受注!」 だなんてこともなかなか言えない。

   (twitterやブログの履歴を調べればすぐに情報が吸い上げられてしまう。)

嬉しい話だからお客様も私もどうしても書きたくなるんだけど、競合先を利するだけ。




「束の間の功名心は怪我の元」

私にはいい自戒となる言葉だ。




さて、

営業支援サービスは開始から1年以上経過しており、その中で

新規開拓は獲れて当たり前。

という風に、お付き合いの長いお客様はだんだん慣れてこられている。



それなら次は 事務所の方向性にピタッと合ったお客様を増やしましょう、となる。

1受注当たりのコストを削減しましょう、となる。



そこを突き詰めていかないとウチの競争力も上がっていかない。

価格競争に呑み込まれない 「生き残れる新規開拓」 をお客様にご提供することが、

今後ウチの重視すべきサービスになってくる。



そのあたり 

「新規を獲りに行かなければ5年後マジでヤバい」 

「絶望的な価格競争から脱却しないと泥舟だ」

という危機感を共有できるお客様との取引口座開設に注力したほうがいい。



「新規営業しようとしないとこは放っておけばいい」

なんとも刺激的な言葉だけど、これは私の言葉ではなく、

可愛がっていただいてるお客様でもある税理士先生から先日いただいたお話。



戦わなくちゃいけない」 と腹をくくってる人にしかウチのサービスは響かないし価値も見出していただけない。

それは2012年の後半では市場の2割だと思う。
by hukiagekeiri | 2012-05-31 01:01 | 仕事 | Comments(0)