人気ブログランキング |

6月総括

6月が終わる。

今月は「企画の6月」


いくつかの企画をお客様や見込み顧客に持ち込んだ1ヶ月だった。

意見を快く受け入れてくださる先方に感謝している。



自分の人格面の成長の必要を感じた月にもなった。

「決めるチカラ」が致命的に足りないことに気付く。 事業は「決断の連続」ということにも。



3年前の第二創業から悩んで身につけた人定めは鉄の法則になってきて、自負もあり、

これはきっと生涯変わらないと思う。

自身の血肉になっていると実感した。

「若いうちはまだ、完成された人格は備わらない。若者には猶予が必要だ」 という新しい気付きと共に。



ただ、その次だ。人定めはできて当たり前。 今はその次の段階にきてた。



「決めるチカラ」とも関係するけれど、私は慎重になり過ぎてスピードと胆力を失っている。




さて、商売について。

e0066235_0272353.jpg


開始から1年以上経つ営業支援サービスについて、

社会構造の変化を商機としたとあるサービスに昇華できないかと思案している。



この「社会構造の変化」はここでは詳しくは書けないけれど、「変えられない明日」



営業代行の圧倒的な競合も、やはりここには触手を伸ばしているようだ。

ベンチマークしているところは全国区の会社だけれど、見てるとやっぱ頭いいなって思う。



話は少し変わるけど、

3年前に着手した、クラウドと消費税改正を商機と捉えた事業アプローチは

いよいよ現実的に商機となる段階に来ていると思う。

ソフトバンク社がPaypalと提携しスマホ決済の市場にアプローチしていることには勇気が沸いた。



会計系ソフトウェアの市場において、オセロの白黒が反転するクラウドと消費税改正。

ビッグウェーブが近づいている。




脱線した話を戻す。

「成長市場で戦う」

その命題の解の1つを見つけた。



来たるべき「変えられない明日」を知ることができれば、すべきなのはその日までに準備を整えること。

時計の針がカチカチ進むにつれて成功が近づく算段になる。



チャンスを確実に商機として取り込むには、仕込みの期間が必要だ。

そういう意味では、自身のクラウドサービスへの挑戦は1つの経験として財産になっている。




ちょっと今日は書き過ぎた。とはいえ総括は1ヶ月に1度だけだし、たまにはいいかもしれない。
by hukiagekeiri | 2012-06-30 00:50 | 仕事 | Comments(0)