人気ブログランキング |

いつもおバカな失敗談

私はソフトウェアに関する事業をするにあたって、

会計事務所を代理店的な位置づけで考えました。



『ソフトを使ってくださいね。勧めてくださいね。そうしたら顧問先獲ってきます。』

という形です。



うちの 「らっくんちょ」 は、主に会計事務所の低価格帯における "主活動" に関する提案です。

ただ、現場ではそれだけでは訴求力が足りませんでした。

そこで、会計事務所の "主活動" における構造的な課題となっている「新規開拓」の部分を補完することで、

会計事務所のバリューチェーンの一角に食い込もうと目論んだのです。



やってることは、他の競合し得るソフトウェア会社が採る戦略と同じですけども。



『ソフトを売る』 という目的のために、顧客のバリューチェーンを意識して切り口を考える。

代替品の脅威にさらされ、単一の商品自体に競争力がない場合でも、

営業マンは売上を確保しなくてはいけません。

そのためにどうすべきか、

ということを次回の吹上経理通信では書いてみようと思います。

あくまでも 一定の事業規模がある BtoB のお話なのであしからず。



ちなみに私の場合は、2009~2012年の間、狙う予算が小さすぎた、という愚かな失敗をしています。

私はホントに頭が悪い。 

吹上経理通信はいつもおバカな失敗談だ。
by hukiagekeiri | 2012-11-05 20:10 | 仕事 | Comments(0)