人気ブログランキング |

12月総括 そして 2012年総括

12月が終わり、そして2012年が終わる。


12月を総括してみる。

今月は 「手綱を手繰り寄せた12月」。

営業支援サービスにつき、とある成長市場に着手をしているのだけれど、

これについて再度動きが出たし、また、新たな顧客群を見つけることができた貴重な1ヶ月だった。



一方で、中規模税理士法人向けのサービスは、

ともすると他の会計事務所様には全く価値のないサービスと成り得る。

ということを改めて痛感した。



顧客ターゲティングは絞りに絞り込んだ方がいい。

「誰に何をご提供し、誰を幸せにするのか。そしていくら回収できるのか」

これを明確にして吸い上げる情報の純度を高め、PDCAサイクルをできるだけ早く回すべきだ。



また、新規開拓・渉外は

「会うべき」

かもしれない、ということも感じた12月だった。

というのも、

ひょんなことから注力している業務のお仕事に繋がりかけて、

それは決して「ただただ会ったから」では無いのだけど、

会うことの重要性を感じた。


無駄にアポを入れることの愚かさや不誠実さ、これを重々承知した上で、

やはり会うことで得られるものって大きいのかもしれない。




さて、

2012年の総括。


新規開拓営業の高度化の2012年


ソフトウェアにおけるフリーは引き続きよい効果を得られた。 

消費税増税特需に向けてコツコツ土台を組み上げている最中。


そして、営業支援はというと。

「20名超規模の税理士法人様と取引口座を開く」という目標で、昨年の2011年の秋に着手した新規開拓だけれど、

当初予定していた2014年春の目標よりも早く2012年中に営業成果を得ることができた。


素晴らしい代表先生とご縁が繋がったし、組織立った税理士法人特有の新たなニーズに触れることができ、

これを成長領域と捉えて具体的に動き始めた。



成長企業は絶えず新たな選択肢を求めている。そして彼らは予算をお持ちでかつ謙虚で創造性に富み、更に言えば野心的だ。



まずは2014年の春までに名古屋地区で独立系税理士法人トップ5の複数社と関係を築き、

東海地区において、とある成長領域への営業支援のスキームを作り上げた上で、これを大阪をはじめとする全国の

100万都市へ税理士法人向けの成功事例を横展開する。

そういう青写真が更に明確になってきた。



これも、すべては1通の手紙から始まっている。



手紙の力はすさまじい。

1通したためると自分の気持ちが変わり、

5通したためると相手が変わる

10通したためれば付き合う人が変わって、

20通したためたなら人生が変わる。



と、今年の総括もまたまた長くなりましたが、

2013年も自分自身で人生を切り開いていく決意を新たにして、2012年のブログを締めくくらせていただきます。
by hukiagekeiri | 2012-12-31 00:39 | 仕事 | Comments(0)