人気ブログランキング |

成長市場で戦う

e0066235_11425273.jpg



成長市場・成長領域にいる、ということは創業期の企業には重要だと思います。


資金が流れ込むため顧客に予算(キャッシュの方です) があり、平均以上のサプライヤーが集まり、

採用にも有利となります。また、自身にも資金を呼び込むチャンスが多い。

また、参入障壁やデファクトスタンダードが出来上がっていないことも自身に有利に働きます。

そして何より、その市場で戦うライバルも顧客も、それぞれが活き活きとしていることはデカい。



産業間における競争力を失った斜陽産業で低価格戦略を採っていても、

まず第一に自身のスキルが伸び悩みますし、人格を高める機会やこれを切望するきっかけも少ない。

できない言い訳もたくさん見つかる。

と、私は思います。


「経理代行」 という絶望的な斜陽産業にいた私が言うんだから説得力があるんじゃないだろうか。



では、いま自分の事業が位置するところから、

どのように成長市場、成長領域にアプローチすればいいのか。

そんなお話を今回の吹上経理通信では書いています。


⇒ 吹上経理通信 『成長市場はどこなのかを考える』 を読んでみる
by hukiagekeiri | 2013-02-21 13:31 | 仕事 | Comments(0)