OtoO をもっと考える

ユーザー様、お客様においてのリアルの成功体験を

いかにオンライン(SNS)にまで引っ張ってきていただくか。


また、オンライン(SNS)での成功体験のコンテンツををいかにリアルの商取引につなげていくか。


この仕掛けをを自社で作り上げることが非常に重要だと思います。

それはプラットフォームだったり、商品の仕組みだったり、または販促キャンペーンだったりします。


こういった OtoO の概念は当たり前のように必要になっていると思います。

それは、 オンライン(web) と オフライン(リアル) が分け隔てられた別の導線になっている

事業者が多いからだと思います。



例えば会計事務所様だと、

「新規は web の SEO とPPC広告 でほとんど獲れてるよ」 という(胡散臭いな)方がおられたり、

逆に

「紹介で新規開拓は成り立っている」 と、ホームページも一切ない事務所様もおられます。


うちも、リアルの新規開拓で獲る売上と、webだけで成り立つデータ販売との間には、

全く繋がりがありません。



うちは 「手紙」 が唯一無二の強みだ、と最近感じていて、

これを Online を通じていかに広げていくか、ということも重要になってきました。

そのためには 「圧倒的に感動するお手紙」 にまでこれを昇華すること、

それがすべての始まりのように思います。


その上で、ホームページを 「手紙」 を軸点に設計しなおし、

手紙から始まるホームページの導線、ホームページから手紙に戻ってくる導線、

これらを 「粋」 に組み上げることで、お客様の心に響く取り組みをする必要を感じています。



それは現在検討している海外への横展開でも可能なことで、

190円の国際郵便が海を渡ってお客様のもとへ届くワクワクと online とをいかに繋げていくか。

OtoO の醍醐味がここにあるように思います。
[PR]
by hukiagekeiri | 2013-03-16 22:54 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです。国内100万人超都市の20・30・40・50名規模税理士法人様を顧客ターゲティングとしています


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧