圧倒的な誠意を目指す

とある成長領域において、1つの成果が得られた。



ここからが本格的に、自身の真価を問われる。

圧倒的な誠意をご提供しなくてはいけない。

相手の手の下まで頭を下げ、両手で握手をする。

これから30通でも40通でも何度でも手紙をしたためる。

場合によっては土下座だってする。

腹をくくった立ち振る舞いが求められてるんだろう。



口から出る言葉、目つき、顔つき、表情、態度。

その場その場で、全部100%で望まなくては周囲を幸せにできない。 

人格の成熟無しに事業の成功はあり得ない。



人の悩みは、その人に見合ったものしか訪れない。

昨日までの 「難しい仕事」 は、明日からはそんなに難しい仕事ではなくなるんだけれど、

今度は、ゼロイチの成果を目指していた時とは別の、一段上の次元の悩みが降ってきた。




ゼロイチの統計値が手元に出来上がった今、

東海三県から静岡、滋賀、近畿三都を手始めに、

これを横展開して全国で戦う決意が必要だ。



そういえば、先月に とある公認会計士先生からいただいた言葉に非常に助けられた。

→ 「果実が実るのはもうちょっとかもしれない」



皆さんへの手紙にいつも書いていますが、

人との出会いは素晴らしい。 

ある人のちょっとした一言が、事業・サービスにドライブをかけていくきっかけになってしまうので。



『 誰と成功したいかではなく、誰とならたとえ失敗したとしても後悔しないか 』

『 仕事は何をするかではない。誰とするかだ 』



自身がその命題の解となるために、まだまだもっともっと自身を磨いていかなくてはいけない。
[PR]
by hukiagekeiri | 2013-03-22 17:57 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧