人気ブログランキング |

ちょっとでも違和感を感じたらやめておく

『人定めの鉄の法則』

これは本当に自身を助けています。

人格的な危うさがある人、というのは、

特に問題が起きた時にこれを解決することができないため、

仕事や事業をうまく進めることはできません。



そういった 『人の器』 というのは、順調で日常的なところでは問われませんし見えにくいものですから

普通に業務を行う上ではあまり問題に感じるところではないと思います。


本当の試練は、問題が起きたとき、利害が対立したときにやってくるものですが、

その時に上記のような 「厄介な相手」 と対峙するのは大きなコスト高、リスクとなります。


そうならないように、ひょんなときの表情だとか、口から出る言葉とか、小さな仕事への姿勢とか、

そういうところから推し量れることってかなりあります。

少しでも問題・違和感を感じたら取引や関係はやめたほうがいいと思います。



日本は社会が成熟してきているので、

情緒的に安定していること、課題を解決に向かわせる力や人間関係を作る力が求められます。

うまくいっているときは派遣社員だけでも仕事は回ります。

ただ、そんな社会はどこにもない。


市場で戦う人には、これらがうまくいかないときにどう対処するのか、が問われてきますし、

それができる人が市場で通用する人、ということになります。

仕事は理不尽で悔しいこと、思い通りに行かないことばかりです。

仕事の処理・作業がよくできて一人前だとは考えずに、もう一段上の、成熟社会ならではの

「労働の価値」 を考えなくてはいけない、と思います。
by hukiagekeiri | 2013-03-30 16:49 | 仕事 | Comments(0)