人気ブログランキング |

吹上経理支援を創業した人のブログです。国内100万人超都市の20・30・40・50名規模税理士法人様を顧客ターゲティングとしています


by hukiagekeiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2018年12月を総括

12月もいよいよ晦日が迫っています。

今月は「データベースの12月」

長らく構想を温めていた、自前のデータベースの活用による新規開拓営業の高度化。

これがようやく形になりそうです。


データベースの勉強は2018年の自身の研修時間の多くを割き、

商売の中での優先度は一丁目一番地とも言えるテーマでした。

ここに取り組まないと吹上経理はジリ貧になるという思いが強かったです。

ということで今月12月は、7月以来止まっていた開発についてこれを再開し、

えいやっと時間を多めに投入してようやくデータベースの設計を行ないました。



この自前のデータベースは来月からの運用開始を目指します。

8年前まで遡って1つ1つコード付けされた営業アプローチをデータベースに取り込み、

"ターゲットとのリレーションシップ" を可視化する数式によって過去の傾向と将来の予測、

そして今現在の営業アプローチの最適化を行ないます。



6年半前に吹上経理通信で配信していたコラムには目指していた構想の一端が示されています。



データベースについてのお話はここまでにして。


今月はお客様と共同で行なっているM&Aに関する新規開拓業務でも動きが大きかった月でした。

引き続きチャンスを下さっているお客様には本当に感謝します。

小企業M&Aでは今月、ここに書けない悔しい思いもしました。

一方で、5年前に苦しんで苦しんで苦しんで更にもう一歩踏み抜いてようやく成立させたM&A案件が

2018年の後半になっても吹上経理の財務を助けてもくれました。

なのでこの悔しい12月も、たとえば5年後の2023年12月の将来、

クロスボーダーM&A営業へ良い影響を与えてくれる肥やしなのかもしれない。

そんなふうに良い方向に捉えようと思います。


苦しんで苦しんで苦しんで、更にもう一歩踏み込まなければ確かな価値を生み出せない。

これは5年前に常々自分を奮い立たせてきた言葉です。



このところブログで書いてきた古典読書についても触れたいと思います。

貞観政要は上下巻の下巻に進むことができました。

900頁超のこの古典は年末年始あるいは1月中には読了できればと思います。

貞観政要は良書だということがよく理解できました。

まだ途中ながら、人生の中で複数回手にとって反芻すべき本だと感じています。


さて、今後どうするのかについて。

来月2019年1月は、泥臭い営業、web、データベース、統計学、といった

フルスペックの新規開拓を本格的に着手する月としたいです。



大晦日の明日は2018年を総括したいと思います。



難しい仕事を狙え、そしてそれを成し遂げるところに進歩がある。

取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的を完遂するまでは‥。
   
  
  

by hukiagekeiri | 2018-12-30 00:51 | 仕事 | Comments(0)