人気ブログランキング |

2019年5月を総括

5月が終わります。

今月は「前進の5月」でした。


大阪で新たな新規開拓に着手し、

自社webアプリの導入用の販促物を作成し、

M&A仲介のカスタマージャーニーの導入部分としてこちらも販促物を作成しました。


うちの顧客ターゲティングである

国内100万人超都市に本店がおありの20名超規模税理士法人の創業者向けの

限定レポートも、ようやく出来上がりました。

来週後半には日本各地の局地戦の勝者である各先生のお手元へ届き始めると思います。


このように、今月は6月から再開する新規開拓の仕込みが大いに前進するものでした。


この5月は、

ゴールデンウィーク中のまとまった時間も後押しとなり、

沈思黙考、思索を巡らすことに多くを割くことのできた1ヶ月でした。

この1ヶ月で得られた知価は大きい。

他社が再現し難い、なかなかのものを産み出せたのではないか。

吹上経理の粗利・付加価値・競争力がこの知価を源泉にして生み出される、

そんなサイクルを作りたいです。


"関係性"を顕らかにする、新たな新規開拓データベースは順調に育っています。

この関数のブラッシュアップを進めると共に、

Tkinterによる顧客管理アプリへの昇華も愚直にチャレンジを続けたいです。



読書についても触れます。

引き続き英語については隙間時間を埋めるようにリスニング・リーディングを進めています。

なお、今月からは、

統計学を修めるためにまずは数学の基本に立ち返って、

高校数学の参考書からお勉強する時間を捻出するようにしました。

数学にまで手を広げると、実務の読書、英語の時間が相対的に減ってしまうのですが、

数学の再勉強は統計学に連なる2019年の重要なテーマと位置づけ、

優先度を高めてあたっています。

読書については、プログラミングはPythonの基礎にあたっているのと、

統計学の入門書、そして重回帰分析の書籍を時間をかけて読んでいます。

読書は少なくとも私の人生を大きく変えてきました。

なので、いまのこれらの読書は2020年以降の吹上経理に大きく貢献してくれるものと

確信しています。


毎日毎日時間が足りず、目指しているtodoリストが消し込めずもどかしい日々が続いています。

開発スピードが遅くなったとしても、統計学の履修スピードを遅らせてはいけない。



6月はいよいよ日本国内100万人超都市へのアプローチを開始しようと思います。


取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的を完遂するまでは‥。
  
  
  

by hukiagekeiri | 2019-05-31 00:07 | 仕事 | Comments(0)