人気ブログランキング |

ソリッド

e0066235_20191535.jpg


6月以来の厳しい日程。

本日、また資料着(当たり前ですが)。

納期が新規立ち上げ案件と被る。 どーすんねん!

鬼になれ!鬼に! ウッカリ寝てる場合ではない!(反省‥)

もうアレだ。睡眠中枢を破壊する薬とかあったら欲しいわホント。

俺の3時間を返せ!

‥はっ!

神様。 もしや俺に、このまま夜通しハタラケと‥?!


さて、今日は昇り竜の勢いの経営者に初めての月次報告。

早い。淡々と物事が決まっていく。

言うなれば、迷いがないな、と。

要らない考えが上手く削ぎ落とされている。

話をしてるだけで、人としての「格差」を感じさせられた。

当分、この人には勝てない(かも)な、と。


私はいつも、仕事に気持ちを入れてしまいがち。当然、思慮や迷いが紛れ込む。

週末にソファで寝転がってても 

「あの社長、今日はどうしてんのかな?」 「あの会社、今月どうなんかな」

とか考える。

だからこそ この仕事には やりがいを感じて、天職だと思っているけれど、


もっとその辺りを削ぎ落として、、ドライにサクサクこなしていくべきかもかな、と思った。

人を使い出したら、なおさらそうせねばな、と。


でも、今 側ににいてくれる関与先様は、創業期の訪問営業から掴んできた大事な人たち。

情が移る。

この人たちだけは、ウチの規模が50社 100社になっても

週末に 「あの社長どうしてんのかな?」 と思い出していたい。


もうこの辺は、性格の問題かもね。
Commented by 平野 at 2006-09-25 23:15 x
人を使い出したら、その人たちがひだかさんに代わって「あの社長どうしてんのかな?」と思うようになります。
そういう風に育てないとね~!
そうすれば、何百社になっても、創業時のお客様のことを思い出してられるんじゃないですかね~
Commented by hukiagekeiri at 2006-09-26 01:24
あ~ なるほど~。
簿記の知識のない子でも事務処理ができる、【標準化】が必要と思ってたんですが、
やっぱりそのあとは、平野社長のおっしゃるとおり、商売を心で感じられる人材を入れていかないとな、思います。

皆さん押並べて人を育てるのに挫折を経験してるようですが、4~5年先には私も敢えて後継者の育成にチャレンジしたいです。

そのためにも、粗利の取れる商売にしなくちゃな、と思うわけで。
Commented by まつ at 2006-09-26 17:58 x
そだね。
Commented by hukiagekeiri at 2006-09-26 18:55
ですね。
by hukiagekeiri | 2006-09-25 20:46 | 仕事 | Comments(4)