人気ブログランキング |

臨界点

e0066235_120783.jpg


従業員を雇い、ある程度仕事を任せられるようになると、

事業主は、やっと事業を見つめなおすことができるようになりますね。


「現場に埋没しているうちに、事業自体は衰退していた」

そんなことはよくあることと思います。


現在、法人決算が2社同時進行で進んでいます。

新規の立ち上げ案件も2件。

オプション業務の見積もりも1件。


完全に現場に埋没しています。

ゼナと眠々打破を飲んでもなお、夜中にオチてしまいました。


よくよく考えると、

自分と同年代の連中はまだまだ現場の真っ只中にいる時期なんじゃないか。

毎日がリミッターにかかりまくってるんじゃないか。


そう思うわけです。


現場で揉まれる時期を経て、自身に丈夫な「骨格」を作らねば、

マネージャーとしての「肉付き」も、よくならないのではないか。

そんな風に思うようになってきました。


とある社長は優秀なマネージャー。

周囲への指示の仕方、物事への対応の早さ。

現場の叩き上げで、接しているだけでその有能さを感じ取ることができます。


まだまだ私も、

現場でキレて、怒鳴って、喚き散らすこと。

組織や、自分の臨界点を体験すること、突き抜けること。

そういうことから逃げてはいけないのかもしれない。


週末が始まりました。

遅れがちな稼働日ラップを挽回できます。

他の人が休んでいる 今がチャンスです。


いけるところまで自分を追い込もうと思います。


皆さん、臨界点感じてますか?

突き抜けられそうですか?
by hukiagekeiri | 2007-08-25 01:24 | Comments(0)