人気ブログランキング |

ローンチ迫る

e0066235_1753177.gif

吹上労務支援の提携社会保険労務士が決まりました。

事業の確立までは1事務所との専属を確保しようと思います。

サービスの狙うところはバックオフィサーとなることではなく、

課題解決の事例を蓄積していくことです。


なので、多くの労務士と提携する必要はないと考えています。



吹上経理支援は、事務所自体にブランド力がありませんが、

今回の 吹上労務支援 は、サービス自体にブランド力を持たせていきたいと考えています。


税理士にも見られる傾向ですが、社会保険労務士の業態は、

行政をトップとした、上流から下流への情報格差の活用のみに陥りやすい。

特に零細事務所。


法律はこうですからこうしましょうね。 とか

法令改正のトピックスはこうですよ。 とか。


これでは事務所の説得力やブランド力は、多くを

市場からの行政や社会に対する信頼

に依存してしまう。

上から水が流れてこないと、飯が食えない。

水が止まれば自身の付加価値も減退してしまう。

(流し続けるでしょうけれど)


そうではなくて、

ボトムアップ型の情報提供、とでもいうんでしょうか。

そういった、付加価値の 「仕組み」 を前提に置いたサービス。

それを吹上労務支援では目指していきます。


かっこいい事ばっかり書いていますが、

詰まるところ、腹を括って、命を懸けてやれるかどうか。


ただそれだけですね。

できなきゃチキンだ。
by hukiagekeiri | 2008-03-25 18:44 | 仕事 | Comments(0)