人気ブログランキング |

セグメント情報を吸い上げる

e0066235_19225481.jpg


今日は 「利益極大化計画」 の説明の続きです。 

PDCAサイクルの C にあたる、効果測定はどのようにするのかについてです。

e0066235_19234234.jpg


e0066235_2395328.jpg大まかな内容は 

「結果を検証しましょう」 というミッションで以前ご紹介していますので

そちらをご覧いただくと参考になると思います。



さて、 PDCAサイクルの 「D 実行期間 」 で販売戦略を実行に移した後のお話です。

ただやみくもに営業活動を行なうのではなくて、随時情報収集を行なう必要があります。

これはどこでもやっていることですよね。

e0066235_19245411.jpg


「利益極大化計画」 では、情報の吸い上げを効率よくフィードバックする為に、セグメントごとに

その結果をまとめていきます。


吸い上げる情報を具体的に挙げると、

1.売上高

2.粗利益

3.投入広告費

4.受注率

5.その他のニーズ

が考えられます。


つい先日、とある関与先様で営業現場の資料を拝見させていただきましたが、

それは 日報 (日記) になっています。

文字がびっしり記入されていて素晴らしいと感じましたが、

【データ管理・活用】 という意味では 「文字情報だけで使えるのかな?」 という感想です。 

でも、管理や活用ができていればまったく問題ありません。


繰り返しになりますが、こういったことはどこでもやっていることですよね。


また、 「効果測定」 の3ヶ月では、業務フローの見直しの効果も検証します。

業務フローの見直しとはどのようにするのか、というのは

8月の上旬にエントリーしたものがありますのでご参考にどうぞ。


さて、組み直した業務フローも 「実行期間」 で効果があったのか。以下のようにチェックします。

e0066235_1925586.jpg



これは図に書くと一見簡単そうですが、そんなたやすいものではないと思います。

もっとドロドロしていて大変な作業でしょう。 

ですが、やればやるほど効果はあるはずです。


こうやってご説明すると、効果測定に3ヶ月掛かるというのはご理解いただけると思います。

この頃には膿がバンバン出てきていると思います。


今日はここまでとさせていただきます。
by hukiagekeiri | 2008-08-23 20:07 | 利益極大化計画 | Comments(0)