人気ブログランキング |

吹上経理支援を創業した人のブログです。国内100万人超都市の20・30・40・50名規模税理士法人様を顧客ターゲティングとしています


by hukiagekeiri

2007年 01月 30日 ( 2 )

商売人として

e0066235_23233646.jpg


大学の可愛い後輩から連絡がくる


忙しいわりに利益があまり残らないという

創業期、いくら単価が低くても、仕事をいただける、それだけで嬉しいものだ。

私もそうだった

事務所を持つことそれ自体に価値があって、おカネは二の次だから。

でも、そんな商売は長くは続かない。

いつかそういう仕事と別れを告げる必要がある。


外注先の社労士から「給与計算報酬の値引きさせて下さい」 と打診された。

この人には安い仕事は振るまいと、10%は弊所で自腹を切って支払っている。

周りからは 「バカなことするな」 と言われているけれど、

仕事が人を育てる、と思ったのと、

若手にありがちな、安易な値下げの悪い癖を付けて欲しくなかったので。


結局 「10年後でもできる価格を保って欲しいので」と断った。


安値受注は誰も救われない。



さて、なぜ長々とこんなことを書いたかというと、

今日、関与先様から電話がかかった。


普段早めの報告を評価いただいてる関与先様につき、

納期を2度も延ばしていただいた。

ご迷惑をおかけしたということで、基本料金の請求を控えさせていただいたのだが

これにつき


ド叱られた


「自分の動いた分を請求しないというのは、従業員を持つものとして愚かしすぎることだ。

 こういう馬鹿げた事は、誰も報われない。普段どおり請求して」


そう言われた。

値引きして叱られたのは創業来初めて。


電話がガチャンと切れてしばし、なんと自分は愚かだったのか、と落ち込んだ。

もう、自分一人がガマンすれば解決する問題ではなかった。

私にはスタッフがいて、その人のための利益を確保しなければいけない立場。


コンサルティングをしていこうとする者として、こういうことをブログで書くのは非常に

恥ずかしいけれど、


自戒と、感謝を込めて。
by hukiagekeiri | 2007-01-30 23:57 | 仕事 | Comments(2)

足し算から掛け算

e0066235_14552092.jpg

納期を二度も延ばしていただいた関与先様を訪問

早い月次報告が弊所のウリ

そこを評価していただいている関与先様こそ、納期を守らねばならない

事務所の体制整備が急務


顧客数がアッパーに到達し、4社の受注をお断わりしたことについて

「これまでは足し算だったのを、掛け算にしていかないといけない」

と言われた

スタッフ×担当顧客数=アッパー

という仕組み

それと、慢性的な低利益率を改善すべき

新商品もリリースせねば


早い納期は引き続きこだわりたい
by hukiagekeiri | 2007-01-30 14:55 | その他 | Comments(0)