人気ブログランキング |

吹上経理支援を創業した人のブログです。国内100万人超都市の20・30・40・50名規模税理士法人様を顧客ターゲティングとしています


by hukiagekeiri

2007年 07月 09日 ( 1 )

ジーパン

先週、実家に帰ったついでに自分の部屋をまさぐったところ、

HなDVD 昔はいていたジーパンを見つけました。


そういえば先日

‥‥



(以下 回想 ↓)


私 「いや~社会人になってから、

   私服は 服も靴も、ほとんど買ってないんだよね」

   「靴なんか穴開いてんだよ。」


スタッフ 「所長~ そんなんだから彼女できないんですよ」

     「‥はっ! 彼女いないから 服買わないだけかぁっ!」


私  「カチン! 貧しかったから仕方ないじゃん!」


スタッフ  「フォーーーッ!」


(回想終わり ↑ ※若干フィクション)


ジーパンはもう似合わないなぁ、と思ってましたが、

落語家の 桂三枝 さんが

(60越えてると思うんですが)

テレビのロケでジーパンをはいているのを見て、

ちょっとかっこいいじゃん。

と思ったわけです。

e0066235_750885.jpg


で、はいてみたんですが、まぁ悪くないです。

当分これでいくか?

股上が深めで少々気に入りませんが、仕方ありません。


数々のライブを共にした、いわば戦友。

「お前も「モノ」じゃなくて「者」になってたんだなぁ」

なんて、久々の再会を懐かしんだのでした。


ジーパンにはその人の生き方が滲み出てくるもので、例えば、

私のライブやってた頃のジーパンは、ギターが当たるもんだから、右の腿が擦れてるんですね。

バイク乗ってる人は、やっぱりバイク乗ってることが分かるジーパンになってるでしょうし。

そんな風に、

はいてるだけで自己主張してしまっているのが、ジーパンの面白いところですね。


であればやはりジーパンは、

ユーズドじゃなくて新品からはきたいですね。



そういえば皆さん。

ジーパンはくとき、パンツはきます?
by hukiagekeiri | 2007-07-09 07:52 | その他 | Comments(4)