2011年 06月 19日 ( 1 )

打って出るために つらつら

市場性のあるサービスを確保したら、

生産性を眺めながら売上を作っていく。


色々と統計値が出てきて、勝てるスキームをイメージできてきた。

これを 【勝ち切れる確信】 まで高めて、一気にカネとヒトを流し込む。


私自身が自社の新規開拓と開発に注力できる土台が必要だ。


ソフトウェアを基軸とした今の事業は

経理代行事業の時代よりも

投入労務対価のジャストインタイムの要求が低く、

(投入労務時間を商品とした場合の、在庫陳腐化が遅い)

新入社員の損益分岐点を越えるまでに要する期間が短い。

そして粗利が大きい。


経理代行事業で四苦八苦した点で、今回はハードルが低い。

これはホントに助かる。


要は勝てる手駒が増えたってことだ。


また、もし生産性が空けば、創業から6年半でスキームの整った経理代行を再度当て込めばいい。


縮小する市場でもがき続けた経験は、これからきっと活きてくる。
[PR]
by hukiagekeiri | 2011-06-19 16:55 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです。国内100万人超都市の20・30・40・50名規模税理士法人様を顧客ターゲティングとしています


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧