人気ブログランキング |

吹上経理支援を創業した人のブログです。国内100万人超都市の20・30・40・50名規模税理士法人様を顧客ターゲティングとしています


by hukiagekeiri

<   2008年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

食べるポ15踊り



関与先様である 株式会社食べるポ 様がめでたく設立15周年を迎えられました。

ということで、

「食べるポ15踊り」 を躍らせていただきました。


これからも10年20年と会社が続くといいですね。
by hukiagekeiri | 2008-06-20 22:35 | 仕事 | Comments(2)

プレスリリースのページを更新しました。

創業からの媒体への掲載について、弊所で把握できたものをまとめています。

弊所の方針の推移も垣間見ることができますのでご興味いただいた方は是非とも

ご高覧下さい。



そういえば先ほど、社長のクセに 

「私、頑張ってる! 見て見て!」

みたいなブログを読み、ヘドが出そうになりました。

そんなポエム、気持ち悪くて誰も読まんだろ。

見込み客にいたっては、取引する気も失せるだろうな。


とある関与先様が

「すべては俺次第」

そんなことをよく言います。

私が普段お付き合いしている経営者の中では桁違いにデキる経営者なのですが、

それでもなお、そういう言葉が出てきます。

いや、デキる理由はその言葉に集約されているのかもしれません。


社長の器が会社の器。


私は吹上経理をブランド化していこうと思っています。

それが出来ぬとすれば、それは私に価値がなかったということだ。

その程度の会社だった。 つまるところ自分がその程度の器だった。

そういうことなんだと思います。


この1年でそれを試そうと思います。

その足がかりとして、あと2ヶ月を死ぬほど追い込もうと思います。


自身を磨いていかねばならぬ、


名南経営というコンサルティングファームの創業者の佐藤先生がこう言っていました。

Q.リーダーの条件とは?

A.「人間力とでも言いましょうか。 誰もが納得をする行動を自らに課すこと」




今日、限界まで追い込んだか?

まだまだ。

もっともっと追い込んでいけるはずです。


人は言葉ではなく、その行動によってのみ真価を問われるべきです。
by hukiagekeiri | 2008-06-19 23:52 | 仕事 | Comments(2)

お見積もりシート

先日、弊所の 「かんたんお見積もりシート」 からお問い合わせを頂きました。

電話越しにお互いがポチポチボタンをおしながらお話ができるわけです。


こりゃ便利だ。


電話でのお問い合わせは色々お話もできて楽しいですね。


先日もホームページからお問い合わせをいただき、受注に至ったのですが、

随分開けっぴろげな料金体系がいいんでしょうね。


気になるサービスがありましたら、お気軽に見積もりにご利用下さい。

面倒な営業マンへの対応も要らずに、ネット上だけでサクッと見積もれます。


ですが、これ以上の値引はしてません。

見積もりシートで料金がご納得いただけない場合は、

そのサービスでの御社へのお力添えは、たぶん難しいと思います。
by hukiagekeiri | 2008-06-19 00:01 | 仕事 | Comments(0)

男の人ってみんなそう

「男の人ってみんなそうなのよね」

なんのこっちゃと思いますが、

とある関与先様の言葉です。


最近、自身の在り方に思うところがあったのですが、

そんなこともカラリと笑い飛ばされてしまいました。


私が生まれた時には既に経営者だったくらい、積んできたキャリアが違う相手です。

勝手に思い詰めていた自分は ただの心の風邪なのかな、とも思ってしまいました。

(※前言撤回 心の風邪っていう表現は鬱病の人に失礼でした。
  
  風邪ってほどでもないですね。 もっと日常的なことでした。)


が、

吹上経理を変えていかねばならない。

私自身を変えていかねばならない。

それはガチ。


そういえば、提携税理士と提携社労士と食事を共にしましたが、

知らぬ間に弊所の名古屋駅前への事務所移転が既成事実になっていました。


一気に突き抜けるぞ。

伸るか反るかだ。


今日一日、限界まで追い込んだか?

まずは、それをあと2ヶ月 胸に問い続けていこうと思います。
by hukiagekeiri | 2008-06-17 23:23 | 仕事 | Comments(0)

そんな男はつまらない

夜風に当たりに外に出たところ、ひんやりとしたいい空気ですね。

見上げた月がきれいでした。

そういえば、21の時に「抑制」という曲を書きました。

当時大好きだった人のことを書いた曲です。

ライブではいつも最後の曲で、弦が切れるまでギターを引っ掻き回すわけです。



その中で

「あの月はきっと見てる 情けない僕の顔を 笑って」

なんて歌っています。


9年経って、例えばあの月がまだ笑いながら私を見ているとすると、

どう見えるのかな。


ふと思いました。


私はあんまり変わってないような気がします。


当時、不安だとかやるせなさをギターにぶつけて引っ掻き回していたのですが、

今も

相変わらず「吹上」を使って不安を紛らわせているだけなのかもしれない。

そんな風に思いました。


そうだとしたら、かっこ悪いな。。。


例えば、惚れた人もロクに引き留められない人生なんてつまらない。

そんな男はつまらない。


‥っと、ぐだぐだ書いていても始まりませんね。


人は言葉ではなく、その行動によってのみ真価を問われるべきです。
by hukiagekeiri | 2008-06-16 23:20 | 仕事 | Comments(0)
e0066235_19364495.gif


弊所の近況について、6月11日に中部経済新聞に掲載いただきました。

取材記者の方、並びに編集部の皆様ありがとうございました。

いつもながら丁寧な取材ぶりに恐縮しています。


プレスに中期経営計画を明記させていただいたのは初めてです。

労務部門は実現しつつあるので、次は税務部門ですね。
by hukiagekeiri | 2008-06-15 19:48 | 仕事 | Comments(0)

コラム購読

吹上経理通信の購読が順調に伸びています。

今月に入って3名の方が新規でご購読下さっています。

(購読といっても無料です)

現在合計で80名以上の方々に配信させていただいています。


基本的に月に1回の配信にとどめていて、

邪魔にならないことを大事にしています。

関係のない広告が入っていないことも特徴です。


関与先様に強制的に配信しているわけでもないので、

希望する方への任意の配信となっています。


まぐまぐ版もあります。

⇒ まぐまぐ版を確認してみる。



6月も前半が終わろうとしています。

まだまだ限界まで達していない。


もっともっとやれるはずと思います。


人は言葉ではなく、その行動によってのみ真価を問われるべきです。
by hukiagekeiri | 2008-06-14 23:51 | 仕事 | Comments(0)

走る

稼働時間が一定以上伸びません。

自身の「臨界点」と感じていたことです。

沸点ともいえると思いますが。


これは、基礎体力で多くが解決するのではないか。

そう思うようになりました。


体力をつけよう。


私には

例えば、はらわたが煮えくり返って眠れぬ夜とか、

憔悴しきって食事も喉に通らぬとか、

そういうことはありません。


このような事業を進める上で必ず出てくるであろうこと。

それにも遭遇していない、ということは、

そこまで自身を追い詰め切れていない。

ということなんでしょう。


部下のミスを謝りに行って、それでも売上は回収しなくてはならない

とか

土下座してでも受注をとってくる

とか

仕事のできないスタッフを解雇する

とか。


今の私には、こういうことはありません。


これは、

ただただ逃げているのだと思います。

修羅場から逃げている。



事業を行う上で、

稼働時間では解決しないことも多々ある。


だったら、稼働時間さえ稼げば解決するような【初歩的】な課題は

当然のように解決していくべきなのだと思います。


ぐだぐだ書きましたが、

要するに


体力をつけるために走る。


とういう話でした。
by hukiagekeiri | 2008-06-13 23:43 | 仕事 | Comments(0)

限界まで追い込んだか

1つ下のエントリーは、ゆるめのブログへのエントリーを間違えて

こちらのブログにアップしてしまったものです。

⇒ エントリー先を間違えた、ちょっとおバカなブログはこちら(リンク切れ)


どうも私は性根が暗いようで、このブログはしばしば悲壮感が漂っているようです。

それではいけない、ということで。

なるべくゆる~く読めるようにと、あちらのブログは軽めの雰囲気になっています。

こちらのブログに辟易してしまった方はあちらも是非どうぞ。


明け透けな性格になれないのは、今の自分に納得がいかないから。

そう思います。

「まぁ、自分はこのままでいいや」

そう思えば、あっけらかんと生きていけると思います。

そのリミットが30歳でした。

「30までに税理士になれなかったら、人生考え直す」

23の時にそう決心して新卒の会社を辞めました。


税理士への道だった、長いモラトリアムが終わろうとしています。

実際には吹上経理の創業で、26の冬にはすでに方針転換していますが、

腹の中でくすぶっていたものも、けじめをつけるときが近づいています。


私にとって、30代は人生のホームストレート。

恋も、遊びも、家族も、

色々拡げていこうと思っています。


そのためにも、20代の最後を思う存分に走り切ろうと思っています。

今日、限界まで追い込んだか?

まだまだ、もっともっといけるはずだと思います。


人は言葉ではなく、その行動によってのみ真価を問われるべきです。
by hukiagekeiri | 2008-06-12 23:45 | 仕事 | Comments(0)

ネイル

窓口のお姉さんに話し掛けるきっかけ その1

「ネイルおしゃれですね」
by hukiagekeiri | 2008-06-12 12:20 | その他 | Comments(0)