<   2017年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2017年11月総括

11月が終わりました。

今月は「やりたいことたくさんの11月」でした。


webアプリ「かんたんキャッシュフロー計算書ベトナム版」を新たに公開できたし、

スマッシュヒットを飛ばした「俺の現出納帳」の修正版も公開しました。


顧客向けにwebサイトをお作りしています。

吹上経理の得意なところは泥臭い直接営業ですが、ここにwebを絡ませる必要性を感じていますので、

「直接営業を保管するwebサイト」というコンセプトで顧客向けに提供していきたいと考えています。

2018年には、直接営業にとどまらないwebも絡ませたフルスペックの営業代行サービスにしたいです。



11月は、上場企業からの問い合わせを頂きました。

詳しくは書けませんが、昔取った杵柄、といったところでしょうか。


さて、個人的には、プログラミングの習得と合わせて、英語の勉強も始めました。

小企業のクロスボーダーM&Aの仲介プレイヤーを目指したいと考えているのと、

今の自社のサービスラインを英語圏に横展開したら、商売の可能性が広がると考えたからです。



11月はいろんなことをした気がします。

すべて、自分が目指しているゴールに向けて行なっているものです。



12月からはプライベートでもいろいろ仕事が増えます。

時間が足りない状況が続きますから、止まってしまっていた瞑想を再開して、

オンとオフをはっきりさせていこうと思います。

スタッフさんにも頑張って頂かないといけない。



計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
  
  


[PR]
by hukiagekeiri | 2017-11-30 23:59 | 仕事 | Comments(0)

今後のwebアプリ制作をどうしようかと考え中です

8月からほぼ毎月ペースで、小さなwebアプリを公開できています。

いつも書いていますが、今後は事業計画作成webアプリの制作に取り掛かろうと考えています。

そして、ひとたびヒットとなれば、それを多言語版に広げることで裾野を拡げる算段です。


さて、

東京都内で急成長を遂げている、とある公認会計士系の税理士法人グループがありますが、

このコンサルティンググループの成長の要因を私なりに考えてみました。

「クロスボーダー」

というところがポイントなのだろう、と仮定をするに至っています。



遅れなせながら私も9月から英語のお勉強を始めています。

webプログラミングとデータベースも継続的に知識と実践を積み上げていますが、

「新規開拓能力」+「プログラミング」+「国際取引」

この3つを、国内100万人超都市の20名超規模税理士法人様とのお付き合いの中で

提供したいと考えています。


クロスボーダーM&Aの仲介プレイヤーの実績は長期的な吹上経理の目標です。


計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
  
  

[PR]
by hukiagekeiri | 2017-11-23 17:05 | 仕事 | Comments(0)

個人事業用かんたんキャッシュフロー計算書作成web版を公開しました

自営業・個人事業主でも、あなただけの説明文つきのキャッシュフロー計算書

が自動で作れるwebアプリを公開しました。


e0066235_17410724.jpg
e0066235_17412009.jpg
会計ソフトでは、営業キャッシュフロー、財務キャッシュフロー、投資キャッシュフローなどが

数値とグラフで示されるだけで、

「具体的にどうなってるいるのか」を説明することはありません。


このアプリでは、「在庫が50万円増えたのでその分50万円の資金が減りました」

といったような、あなたの状況に合わせた説明文までついてきますから、

キャッシュフローを理解するにはもってこいのアプリです。


無償でご提供していますのでお気軽にご利用ください。





次は事業計画書作成webアプリを作ろうと考えています。
  
  
  
  

[PR]
by hukiagekeiri | 2017-11-16 17:51 | 仕事 | Comments(0)

東京出張でした  飛び込み営業は狙いを定める

e0066235_17110317.jpg

今週は東京出張でした。


東京における会計事務所様向け新規開拓支援においては、

飛び込み営業抜きには価値を担保できないと判断しました。


法人向け新規開拓において、(直接アプローチの場合)

web広告、SNS、FAX、テレアポ、飛び込み営業、メール、手紙。

いずれの媒体を用いるにしても、その目的は決裁権者との接触回数・接触ポイントの増加です。


新規開拓営業マンは、その接触回数・接触ポイントの数を増やすと共に、

その質を高める必要があります。

吹上経理での新規開拓支援における飛び込み営業のスタイルが定まってきました。

詳しくは書きません。


東京での法人向け新規開拓を最適化する中で、

(東京都内で)自社サービスに何が足りなかったのか、何を足すべきか、

明確になってきました。


2018年から、吹上経理の新規開拓支援をフルスペックのものに昇華する考えです。

電話を基本にして、それにとどまらず、飛び込むし、メールを打つし、手紙も書く。


20名超規模の税理士法人においても、市場平均を上回る優秀な営業マンの数は少ない。

その税理士法人様へ確かな価値を保証するためには、

やはり泥臭い営業を突き詰めることが、吹上経理が生き残る道だと考えるに至っています。


日本国内の20名超規模税理士法人向け新規開拓支援プレイヤーとして

最先端、最前線、最高峰を目指していく考えです。(困難な道のりですが)



webを切り口としたアプローチの一環として、


を東京出張の新幹線の中で作りました。

近日中にこのブログでもご紹介する予定です。


  
  
  

[PR]
by hukiagekeiri | 2017-11-11 17:11 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです。国内100万人超都市の20・30・40・50名規模税理士法人様を顧客ターゲティングとしています


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧