吹上経理支援を創業した人のブログです。国内100万人超都市の20・30・40・50名規模税理士法人様を顧客ターゲティングとしています


by hukiagekeiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2018年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2018年8月総括

8月が終わりました。

今月は「雑務の8月」


庶務・雑務に追われた1ヶ月でした。

当初データベースの構築に注力したかったお盆期間もこれで吹っ飛んでしまい、

お盆明けくらいまではまともに稼動できない状況が続きました。


8月後半で遅れを取り戻し、

息切れ切れでこの31日のエントリをしているところです。


8月は自社の新規開拓もまったく出来ない状況でしたが、

9月もこの状況は続きそうです。

データベースの構築を進め、採用のためのツールのwebアプリをアップしてから

その上で自社の新規開拓を再開しようかと思います。
  
  
この8月、9月、10月は自社の新規開拓に重要な時期でしたが、

また来年まで繰り延べとなるかもしれません。
  
  
  

[PR]
by hukiagekeiri | 2018-08-31 23:59 | 仕事 | Comments(0)
吹上経理支援は2022年までに小企業のクロスボーダーM&Aの仲介実績を実現する。

という目標でチャレンジを続けています。

それに絡んでのお話しです。


リクルート社が事業承継・M&Aの仲介サービスを始めているようですね。



強力なプレイヤーが自分の市場に入ってきたら、零細事業者は

出来るだけ早く撤退する、というのが賢明な判断だと私見ですが思います。

例えば、

私ごとですが、8年前から4年前のあいだ会計クラウドにチャレンジしていたときも、

当時のfreee社が追加の出資で数十億の資金調達をしているのを見て、

「自分はもうダメだな」とその後の開発を諦めた記憶があります。


話を2018年に戻して、

事業承継の仲介サービスにおけるリクルート社の強みは

・従来からのマッチングに関する強いビジネスモデルがある

・代理店も巻き込んだ、全国の中小企業社長向けの強力な営業力が備わっている

・既存顧客の採用の課題解決などの既存事業と新サービスとの親和性が高い

・資本のみならず、自社の膨大な情報に優位性がある

ということで、何から何まで備わっている印象です。

現在の実証段階を乗り越えれば国内にとどまらずクロスボーダーM&Aの領域まで

昇華させていくのだろうな、と予想できます。


このような状況で、零細事業者の私はどうすべきか。

国内の小企業M&A仲介市場で、勝ち戦の見込みながなくなった、

という仮の判断をして、すぐに切り替えて次の成長市場を探す取り組みを

進めようと思います。

(もちろん、これからも小企業クロスボーダーM&A仲介へのチャレンジは続けます)


2023年の成長市場は何か?

その答えは今全然想像もつかないのですが、自身のない知恵を絞ってもう一度

考え直して行動に移そうと思います。

また、答えは目の前の顧客の中にあるはずなので、もっともっとお客様の声を

聞いて確かな価値を産み出したいと思います。


 
頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。

仕事とは、先手先手と働きかけて行くことで、受け身でやるものではない。
  
  
  

[PR]
by hukiagekeiri | 2018-08-14 23:23 | 仕事 | Comments(3)
先週末は8月の東京出張でした。


都内では飛び込み営業を絡ませた直接営業の支援を行なっています。

アプローチする地域を絞り込むことで直接営業の効率も高まることを

実感しています。


e0066235_13293093.jpg

成果をあげるために、

できること考えつくこと全部やる。

ということを繰り返すことが大事だな、と思います。

都内で生き残ることに集中していると、おのずと大阪と名古屋での

競争力も高まっていることに気付きます。

日本三大都市で戦うメリットは知らぬ間に得られている。


e0066235_13552052.jpg

[PR]
by hukiagekeiri | 2018-08-05 13:55 | 仕事 | Comments(0)