吹上経理支援を創業した人のブログです。国内100万人超都市の20・30・40・50名規模税理士法人様を顧客ターゲティングとしています


by hukiagekeiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2018年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2018年10月の総括

10月が終わりました。

今月は「視野狭窄の10月」でした。


ただただ通常業務にどっぷりつかり、中長期的な俯瞰ができない日々が続きました。

自社の新規開拓もデータベース開発もほぼストップして、遮二無二に通常業務という1ヶ月です。

月末の数日を開発に充てれればと思っていましたが、通常業務にキリをつけられず、

まるまる31日まで身動きが取れませんでした。


古典に学ぶ、ということで「論語」「貞観政要」「ガリア戦記」の3つにチャレンジしていることも

ジリジリ焦る遠因となったかもしれません。

10月の読書時間は通常の月より10時間ほど多く投入できているのですが、

時間の原資を古典に向けたいっぽうで、その分実務書のインプットが激減したため、

納得のいかない心持ちになりました。

加えて、論語の読了感が小さかったため、冒頭に書いた視野狭窄のような思いが募りました。



ただ、古典にあたる、自身の人格を見つめ直す、というのが40歳になった今やるべき優先度の高いことだ

とも考えていますので、あと数ヶ月はヤキモキしながらも遠回りの読書をしようと思います。

論語はひととおり目を通し、今は次の貞観政要を手にとっているところです。



データベースに関しては、いよいよ吹上経理は税理士法人向けに特化した、

「法人新規開拓アプローチの分析アナリスト事業者」

というところを目指していく青写真ができてきました。


データベースをどのように設計して、

アプローチデータをどのように入力していくか、

そしてどのように新規開拓業務とデータベースを運用していくのか、

これら頭の中にある構想を具現化した上で顧客へ成果を保証し、高い粗利を得られるようにしたい。

(あわよくばシステムを顧客向けにパッケージとして提供する。)


加えて、ここで得られたデータから自社の分析レポートを顧客限定に配布し、(20名超規模税理士法人限定)

知価産業に昇華していく目論見です。


これを両輪として動かすためのもう一方の車輪が、自社独自の小企業M&A仲介のアプローチデータです。

自社のM&A新規開拓の分析データをラボとし、顧客向けの企画提案に活かしていきます。

これらの分析をリアルタイムで行ない続けることで、競争力を高めます。
  
  
これは、かねてから模索している、200万人超都市の50名超規模税理士法人の創業者との取引口座開設のための

突破口(武器・手土産)の1つと成り得ると仮定しています。



難しい仕事を狙え、そしてそれを成し遂げるところに進歩がある。  
  
  
  
  

[PR]
by hukiagekeiri | 2018-10-31 23:59 | 仕事 | Comments(0)
リーダーが読むとよいとされる古典に

「論語」「貞観政要」「ガリア戦記」

の3つがあげられているのをどこかで目にしたので、早速論語を手にして読んでみました。


原書にあたる語学力は持ち合わせていないので、現代の社会や思考に擦り合わせやすいように

一番現在に近い時期に訳され(通釈され)たもの、かつ網羅されたものを選びました。


さて、論語を読んだ感想です。

私のようなバックグラウンドを持つ人間にとっては、(昭和以前で大都市以外で生まれ育った人間)

敢えてビジネス用途で読み込む必要には迫られないかもしれません。

というのも、

私のような属性の人は、幼少期から地域や家庭で論語の精神に基づいた教育を受けていることが多いからです。

もちろん勉強にはなりましたし気付かされることも多かったですが、

再放送のような既読感がずっと頭をよぎりました。


日本人でも西暦2000年以降に生まれた方には新鮮な発見があるかもしれません。


外国の書物は、翻訳者の思想や通釈の仕方によって微妙なニュアンスが変わってきますので、

訳本を杓子定規に受け取ることには気をつけたほうがいいかもしれません。

やはり原書にあたったほうがいいのだろうな、ということを実感しました。

原書は日本語のものにしかあたれない私は、グローバル社会では情報弱者だな、

という思いがしました。


次は貞観政要にチャレンジしようと思いますが、こちらについては40年前に発行されたものを選びます。

現代にアレンジした、貞観政要の関連書籍にも目を通す予定ですが、

1978年発刊のものを中心に読み進めることで、できる限り原書に近い効果を狙っています。

人生で2度目を通すことはないかもしれませんから、

訳者のフィルターがかかり過ぎないようにしたいものです。


古典からリーダーシップを学ぶ。

2018年のフラット化した世界において、古典のどの部分が通用してどの部分はそぐわないのか、

それは逐次自分でフィルターをかけながら読み進めようと思っています。
  
  
  
  

[PR]
by hukiagekeiri | 2018-10-20 02:20 | 仕事 | Comments(0)
e0066235_21203392.jpg

今日は東京出張でした。

新規開拓支援で飛び込み営業もご提供しています。

成果をあげるために、できること全部やる。

特に東京では妥協していけない、とヒリヒリした気持ちになります。


昨日は大阪での新規開拓支援で良い成果があがったので

少しはウキウキしてもいいかもしれませんが、

泥臭い営業は止める訳にはいかない。



e0066235_21303879.jpg
最後は吹上経理の新規開拓も1件だけ行ないました。

思考停止にならないように気を配りながら、

泥臭く1件1件営業をしていく考えです。


帰りの新幹線で足の指がつってしまい、

座りながらつるのは治すのに難儀なことを痛感しました。
  


  
  


[PR]
by hukiagekeiri | 2018-10-04 21:44 | 仕事 | Comments(0)