吹上経理支援を創業した人のブログです。国内100万人超都市の20・30・40・50名規模税理士法人様を顧客ターゲティングとしています


by hukiagekeiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2018年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2018年11月総括

11月が終わります。

今月は「検討の11月」


お客様とのお打ち合わせや自社の渉外、

そのために検討・思索をする時間の多い1ヶ月となりました。


お客様とともに進めている小企業M&Aの新規開拓にも小さな成果を確認できて、

続けてきたことに対して僅かながら自信と納得を得ることができました。

理解あるお客様の存在と12ヶ月の猶予があれば、私は小企業M&Aを形にすることができる。


当時の自分では想像すらできなかった雲を掴むようなお話が、

6年半後の今、自身の日常の光景になっている。

殺されても放さない覚悟は、その人をある程度の期間を経て成果に導いてくれる。



次は2022年をめどにクロスボーダー小企業M&Aの成立。

これを目指してチャレンジを続けていきます。

今は夢物語でも、数年後には手の届くところに近づいているものだ。



さて、今月は自社の新規開拓において都内の50名超規模税理士法人の代表先生と

ご挨拶もできて、泥臭い直接営業の底堅さを実感しています。

これに満足せず、顧客の新規開拓支援においてはwebとデータベースに

直接営業を絡ませたフルスペックの新規開拓を進めていこうと思います。



個人的な研修の取り組みについても少し触れておきます。

古典にあたる、という目標で貞観政要を読み進めていますが、

実務書である統計学の本も読んでいるため、古典の方の読書の進捗が思うように

進んでおらずやきもきしています。

データベースの設計の"検討"をする中で、思索のため実務書に目を通しておくことが

必要だからです。

どちらも大事。


年内には貞観政要をひとまず読了し、ガリア戦記に進みたいと思います。

統計学に関する知見はデータベース構築にあわせて待ったなしの状態なので、

こちらもしっかり身につけていきたい。


若干暑苦しいですが、1ヶ月の総括のためご容赦下さい。すみません。



計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。

取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的を完遂するまでは‥
   
   
   

[PR]
by hukiagekeiri | 2018-11-30 23:59 | 仕事 | Comments(0)
じっくり物事を俯瞰して考えたい時、

アイデアを深耕して形にしたい時、

そういったときはそれに見合う場所を探してそこで行うのがいいのかもしれません。


今日は日曜日ということもあり、一日データベース設計の日として事務作業を放棄して

思索を深めることに臨んだのですが、

以前に経験したプライベートのイライラが3時間ほどフラッシュバックするなどして、

思うようなアウトプットを出せませんでした。


今になってツケとなり自分に返ってきたのだろう、と自身のストレスと思考停止の

理由を再確認しています。



今の私の仕事環境は、PCの前でする仕事のためには比較的良い環境なのですが、

自分の脳で物事を考える場合には最適な環境でないことに気が付きました。



今日は一日つぶしてしまったな、と後悔しながら居場所を変え、仮眠と瞑想を経て、

ようやくまともに思索を始めることができました。

私はこの4ヶ月間、"仕事" をしていなかったのだ。


瞑想は、PCのある場所で行うよりも、それがない場所で行ったほうが心の平穏を得やすい、ということも学びました。

ハードディスクのファンの音が実は小さくはないのですね。
  
  
  

[PR]
by hukiagekeiri | 2018-11-25 23:57 | 仕事 | Comments(0)
この週末は都内に出張でした。

都内の50名超規模税理士法人の代表先生とお会いすることができました。

「会ってもいいよ」とのお葉書をわざわざ頂けたので、すぐに伺いました。


吹上経理は国内100万人超都市に本店がおありの20名超規模税理士法人の創業者、

というのが顧客ターゲティングなのですが、

5年後を見据えて、200万人超都市に本店がおありの50名超規模税理士法人を新規開拓ターゲットとしています。


理由は

・今の私のお客様が5年後にはその規模になっているのでその先回りをするため

・今、自身のお客様とお付き合いする上で50名規模の税理士法人様の視点を知っておく必要がある

という2点があげられます。


今回お会いいただいた代表先生は、2年半前にも一度お会い下さっていて、

当時、ちょうど東京へ進出しようとしていた私にとっては勇気を下さったお方でした。

あの頃から2年半も経っていたのか、と感慨深いです。

当時は都内で通用するのか五里霧中でしたが、今では関東でも小企業M&Aの商談を作れています。

気がつけば、少しずつ一歩ずつ前に進んでいた。


今回の50名超規模税理士法人の代表先生とのご挨拶は、気づきの多いものとなりました。

私のお客様である20名規模税理士法人の方は、20名規模で満足などしておらず

50名規模を見据えておられますが、その時に私がそのフェーズにマッチしたサービスや人格を身につけていなければなりません。

それは2021年までに。


そのためには、目の前の課題を1つずつ確実に潰し切る。

思いつくこと考えつくことすべてやり抜く。

ひとたび取り組めば、殺されても放さない覚悟で確実に仕事を仕留める。

この繰り返しなのだと思います。


e0066235_15555249.jpg
  

    
  
   


[PR]
by hukiagekeiri | 2018-11-18 17:02 | 仕事 | Comments(0)
24時間365日、自身の行動履歴を分刻みで記録を取る。

ということを昨年の6月に始めました。




着手からほぼ1年5ヶ月になろうとしています。


行動履歴の記録と把握に1年間に40時間を費やしています。

起床時間の丸々2日半。勤務時間に換算すると1週間を行動記録に取られていることになります。


成果を得られないところに時間を投下しない傾向が強くなっているし、

細切れ時間は読書に費やす習慣になっています。

また、以前より更に、居心地の良い場所を求めるようになっています。

それは公私ともに。



なお、最近4ヶ月ほどは、3〜5分程度の1日の業務の振り返りを習慣にするようになり、

記録しっぱなしで放ったらかし、という悪い癖を矯正しています。

24時間ログによる年間40時間の浪費は、総体的には回収できているように思います。

webアプリ化して40時間を20時間に抑える取り組みは必要かもしれませんが。


以前も書きましたが、巻紙とともに、24時間ログ取りは自身の仕事人生の基盤となると思われます。
   
   
   

[PR]
by hukiagekeiri | 2018-11-11 15:55 | 仕事 | Comments(0)
e0066235_22544314.jpg

金曜は東京出張でした。

古典にあたるため、新幹線の中は貞観政要を読む時間に充てました。

この数カ月、じっくり読書をする時間や場所がなかなか捻出できていないため、

貴重な時間となりました。


さて、

都内でも確実に成果をあげる。

ここで通用することに注力するのが、自社の競争力を高めるためには一番良い方法だと考えています。

名古屋や大阪市がイージーモードに感じるようになって、

そのことにはつくづく感謝しています。


ただ、加齢による衰えには勝てず、

直接営業を午後から行なっていたところへ

夕方から大腿部の裏側に張りを感じ(Jリーガーか)、疲労困憊で名古屋に戻りました。

13〜14年前、名古屋で同じようなことをしていましたが、


あれから干支が一周してますので、そりゃ体に堪えるわな、と思いました。


結果がすべてなので、考えつくこと思いつくこと全部やる。

という感じでいこうと思います。

e0066235_22552240.jpg
  

さて、11月の残り期間は名古屋でキリキリした毎日が続きそうです。
  
  
  
  

[PR]
by hukiagekeiri | 2018-11-03 23:58 | 仕事 | Comments(0)