人気ブログランキング |

吹上経理支援を創業した人のブログです。国内100万人超都市の20・30・40・50名規模税理士法人様を顧客ターゲティングとしています


by hukiagekeiri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2019年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2019年6月を総括

6月が終わります。


今月は「新規開拓の6月」でした。

自社の新規開拓への投下時間が増えた1ヶ月でした。


"関係性"にフォーカスした新しい取り組みの企画・提案は、

2019年の吹上経理の重要な取り組みと位置づけています。

社内の業務も、この"関係性"のアプリの開発とデータベースの改善に

多くの時間を割くこととなりました。


いわば、地固めの1ヶ月といえるような6月でした。


小企業M&A仲介のweb上でのカスタマージャーニーについては、

反響値のデータが取れています。数値はまずまずです。

リアルとwebを絡ませ、"ターゲットとの関係性"を可視化した新規開拓に

昇華していく考えです。


長らく苦しんでいた、大阪でのあるお客様への新規開拓支援では

ようやく成果があがり、ホッと胸を撫でおろす思いもしました。

苦しかった。

引き続き関西で戦い続けると共に、更に勝ち抜けるような改善と進取の取り組みを

続けていく考えです。



いっぽう、6月の読書についてはどうだったか。

英語の読書は若干行なっているものの、

Pythonと統計学へと読書時間の大半を費やしました。

この流れは2019年いっぱい続きそうです。


さて、

7月は "関係性" のアプリの開発を進めていきます。

並行して、100万人超都市における20名超規模税理士法人様向けに特化した、

新規開拓データアナリストのサービスにチャレンジを進めて、

分析手法の改善・向上・深耕を進めていく考えです。

これは上にあるPython・統計学のお勉強とつながるものです。



新規営業でも開発でもお勉強においても、

すべての取り組みについて、着実に歩みを進めている実感があります。

振り返れば、つい1年前とは随分と違った景色を観ることができています。

最近の空模様と同じく、しばしば足元が悪いときもありますが、

一歩一歩、しっかり踏みしめて、毎日のtodoにあたろうと思います。
   
  
  

by hukiagekeiri | 2019-06-30 20:15 | 仕事 | Comments(0)
「関係性」に焦点をあてた新たな新規開拓用データベース。

自社内での運用はようやく板についてきました。


BtoB新規開拓において営業マンが 今、どのターゲットへ、何を するべきかを

リアルタイムで最適化する仕掛けができ上がりました。


新規開拓用のデータベースについては

統計学を用いて分析を高度にする取り組みも継続して進めていきますが、

これに並行して、

顧客へアプリとして提供するために「ユーザーインターフェース」を磨いていく必要を

感じています。


このアプリ(構想)は性質上、UIで競争力が左右される類のものではないため、

UIに凝りすぎる必要はないと思いますが、

そこに意識が向かうところまで新規開拓データベースが育ってきたこと、

そのことに感慨深い思いがします。


このまま確実に歩みを進めていき、知価産業まで昇華させたいと考えています。



難しい仕事を狙え、そしてそれを成し遂げるところに進歩がある。

自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
  

  

by hukiagekeiri | 2019-06-23 02:29 | 仕事 | Comments(0)
日本国内100万人超都市に本店がおありの20名超規模税理士法人の創業者様。

吹上経理の顧客ターゲティングは上記のように設定しています。


上記の、いわば局地戦の勝者向けに新たに限定レポートをお作りしました。

今回は新規顧問先開拓の営業における「ターゲットとの関係性」についての内容です。

今週後半から順次お手元にお届けできると思います。



吹上経理が2019年に目指しているのは、

「20名超規模税理士法人様に特化した法人新規開拓のデータアナリスト」です。

e0066235_20352885.jpg


なお、20名超規模税理士法人向けに特化したレポートは、

バックナンバーも増えてきました。

中には内容を加筆修正して吹上経理通信として配信しているものもありますが、

それ以外のものは、

ずっと限定としてクローズドな環境に置き続けるのはもったいないかもしれません。

6ヶ月ほど経過したものをバックナンバーとして販売してもいいかもしれない、

そう考えています。


市場の最先端を絶えず模索している20名超規模税理士法人の創業先生に対しては、

絶えず「新たなチャレンジ・鮮度のよい情報」これらをご提供していかなければ

見向きもされない。



仕事とは、先手先手と働き掛けて行くことで、受け身でやるものではない。
  
  
  
  
  

by hukiagekeiri | 2019-06-04 18:23 | 仕事 | Comments(0)